マイクロビーズ
洗顔剤などに使われている微細なプラスティック粒子「マイクロビーズ」は、下水処理を通り抜けて食物連鎖に入り込みます。

州法で規制する動きが米国各地で出てきています。

マイクロビーズは、ポリエチレンやポリプロピレンで作られた球形の小さなビーズです。

サイズは0.004mmから1.24mmほど。

Clearasil(クレアラシル)、Clean & Clear、L’Oreal(ロレアル)、Neutrogenaなど一部のメーカーによる、角質を除去するフェイスウォッシュやボディウォッシュ、練り歯磨き等の製品に入っています。

マイクロビーズは細かくて水にも浮きますから、その多くが排水処理プラントをすり抜けます。

下水処理施設で水を濾過する網の目は、マイクロビーズより大きいことが多いのです。

下水処理施設を通過したマイクロビーズは、「毒性のある化学汚染物質を吸収するスポンジ」となります。

そしてそれを、水生生物は食べ物だと間違えてしまうのです。

こうして、汚染物質が食物連鎖に入り込み、人間が食べるものも含めて、魚や鳥、カメ、哺乳類などが汚染される可能性があります。

オランダの環境研究所(IVM)が行った2012年の調査(PDF)では、200ml容器のスクラブ製品ひとつにつき、最終的に21gのマイクロプラスティックが下水に流れこむことが確認されました。

ニューヨーク州だけで、毎年19トン近いマイクロビーズが下水に流されているとする研究(PDF)もあります。

目が細かいトロール網を使って米国の五大湖で行われた2012年の調査では、マイクロプラスティックの小さな粒が多く見つかりました。

この粒は、ふたつの有名ブランドの洗顔クレンザーで使われているものに一致しました。

五大湖では、収集された1mm未満のマイクロプラスティックのうち、58%が球形でした(球形は、コスメティック製品に由来するものである明白な証拠になります)。

これに対し、北太平洋では、同じサイズのマイクロプラスティックのうち、球形のものは1%以下でした。

2013年にはさらなる調査が行われ、多数のマイクロビーズがあることがまた確認されました。

マイクロビーズを含むプラスティック片は欧州でも問題になっています。

英国の海洋生物学会が2013年に行った調査では、英国南西部のプリマス沖で採取された魚の1/3にプラスティック片が見つかりました。

調査した504匹のうち36.5%から、摂取されたプラスティック片が見つかったのです。

調査チームによると、こうしたプラスティック片は、食物循環における汚染物質の蓄積につながるおそれがあります。

ニューヨーク州のエリック・シュナイダーマン検事総長は、水域からマイクロビーズをなくすための州法「Microbead-Free Waters Act」の通過を呼びかけています。

2014年2月に提出されたこの法律は、ニューヨーク州で販売される製品のマイクロビーズを規制するもので、成立すれば米国で初めてです(カリフォルニア州でも同様の州法案が提出済みで、ほか数州で準備が進んでいます。日本の製品にも使われていますが、規制はありません)。

2011年、Procter & Gamble(P&G)、Unilever、Colgate-Palmolive、L’Orealらパーソナルケア製品の有力企業が、自社の製品ラインからマイクロビーズをなくしていくことを約束しました。

しかし、現在もまだ、マイクロビーズを含む製品は多数、店頭に並んでいます。