理想的なメンターの特徴(その5) 謙虚で普通の感覚を持っている

メンター
私が出会ってきた幸せなメンターは、ごく常識的な人生を生きていました。

「俺の人生は完璧だ!」という人は一人もいませんでした。

皆それぞれに、人間的な癖や問題があり、必ずしも完璧な人ではありませんでした。




教えを請う立場からすれば、メンターには完全な人生を送っていてもらいたいと思いがちですが、そんな人は この世には存在しません。

人から何かを教えてもらうのに、その先生が完璧である必要はありません。

逆に人間的に完全でないからこそ、かえって魅力にあふれた人物と言えるのではないでしょうか。

多くの人は、完璧な人を探してばかりで、すぐ側(そば)にいるかもしれないメンターに巡り合えないのです。

一番大切なのは、人間として不完全でありながら、どう人生で折り合いをつけているのかということです。

メンターは、先生であると同時に、人生という同じ道を歩む友人でもあるのです。


カテゴリー: ライフスタイル パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。