当たり前にできることを見事にできるように集中して磨こう!

「人生というステージでは誰もが主人公」という話はときどき聞きますが、「どうせ演じるなら最高の自分を演じよう」という話は滅多に聞きません。
世の中には2種類の人がいます。

自分の才能を信じ、より多く使っている人と、才能などないと信じ、まったく使っていない人。

才能を使っている人は、自分の持ち場を大切にしています。
持ち場とは、感動を生み出す舞台のこと。
オリンピックという舞台で輝く人もいれば、ビジネスという舞台で輝く人もいます。
人を応援して輝かせる黒子として輝く人もいれば、自分が輝いた光で人を輝かせる人もいます。
すべては、キャスティング(配役)の妙。

今いる場所が持ち場なのか、別の場所が持ち場なのか迷う人がいます。
人生における持ち場のステージは、移動していくのが基本。
どんなに素晴らしい舞台もいつか終わり、次の新しい舞台が始まります。
人生というドラマも同じく、今よりバージョンアップした舞台が必ず用意されています。

しかし、今のステージで最善を尽くさない限り、次のステージの切符は手に入らないのが、ドラマのルール。
目の前のステージはすべて、未来のより大きなステージへつながるオーディションの機会なのです。
このシステムを知らない人は、今いる舞台で自分を過小評価したり、他人のキャラクターを一生懸命演じたりしながら、日常を過ごしています。

他人を演じるのはプロの俳優に任せましょう。
あなたには、あなた自身という、最高のキャストを演じる責任があります。
それが難しいというイメージがあるなら、あなたの才能が足りなかったからではなく、それを教えてくれる人がいなかったからです。

もしあなたが、人生という舞台で一流の表現者になり、人に勇気と希望と感動を届ける人になりたいと思うなら、今すぐに取り掛かってほしいことがあります。
それは特別なことではなく、誰もができて、誰もが成功してしまう、とっておきの秘訣。

普通の人たちは、当たり前にできることを当たり前に行います。
その結果、当たり前の結果を手に入れます。
では一流の人たちは?
当たり前にできることを、見事にできるように集中して磨きます。

見事な挨拶。
見事な笑顔。
見事なありがとう。
見事な立ち方。
見事な歩き方。
見事な拍手。
見事な握手。

「当たり前」にできることに感謝し、1つ1つを「見事」にバージョンアップしていきましょう。

あなたの輝きを、持っている人がいます。


カテゴリー: ビジネス関連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。