101%のプラスαの継続した実践が信頼と感動を生み出す

コンピュータやロボットと違い、人間は日々体験や感情がアップデートされます。
1年後に再び講演を聞いたときには、1年前にはなかった新たな体験や感動、感性が加わっています。
好きな歌手の楽曲を何度も聴いたり、数年ぶりに映画を観て「こんな良いシーンがあったんだ」とか、前には気にならなかったセリフが心を捉えたりするのも、同じメカニズムです。

とんでもない所へ行く ただ1つの道は、小さなことを積み重ねるだけ。
大きな変化は必要ありません。

日々1%のアップデートが、信頼を生み出す最高の技術になります。
その小さな変化の積み重ねが、後の大きな変化(イノベーションやブレイクスルー)につながります。

お客様にリピートしていただかったら、期待値を1回だけ大きく超える実感値ではなく、101%のプラスαの継続した実践のほうが、結果的に感動は大きくなります。

小さな親切。
ほんの少しの心遣い。
心を込めたひと工夫。
ひと味違うサービス。
一枚上手の振る舞い。
もうひと手間加える心意気。

1.01の365乗=約38倍
0.99の365乗=約0.03
わずか0.02の違いが、積み重なると圧倒的な差を生み出すことを覚えておきましょう。

150%の気まぐれよりも、101%の継続した一貫性が、信頼と感動を生み出します。


カテゴリー: ビジネス関連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。