2014年のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」が始まる前の予備知識

2014年のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」
来年2014年のNHK大河ドラマは戦国の乱世が生んだ軍師、黒田官兵衛が主人公で岡田准一さんが演じますので、ドラマが始まる前に予習しておきましょう。




黒田官兵衛は秀吉に天下を取らせながら、その才ゆえに最も恐れられた男でした。

一方で敬虔なクリスチャンで、「如水」と称し和歌や茶道に親しんだ文化人でもありました。

黒田官兵衛は「名参謀」「軍師」と呼ばれますが、権勢欲を武力で満たそうとする武将たちとは一線を画し、「出来るだけ人を殺さず、血を流さず」を旨として、「血」よりも「智」、「利」よりも「理」に重きを置き、家臣や領民にも慕われた人物でした。

どの組織でも「ナンバー2」は最も大事なポジションですが、あまりに優秀すぎるとトップに警戒されます。

戦国時代の「最強のナンバー2」といわれた黒田官兵衛もその例外ではありません。

ある時、秀吉が家臣たちに自分の死後に誰が天下を取るかと尋ねたところ、徳川家康、前田利家らの名があがりましたが、秀吉が口にしたのは、彼らに比べはるかに石高の低い官兵衛でした。

このことを伝え聞いた官兵衛は、秀吉が自分に対し警戒心を抱いていると知り、長男の長政に家督を譲り隠居したといいます。

単なる軍事参謀にとどまらず、時代の流れを鋭く見抜く眼力と決断力を持ち、天下人である秀吉や家康にも恐怖を感じさせた官兵衛の生き方や現代にも通じる補佐役のあり方など大河ドラマで学ぶのもいいでしょう。

播州の小大名の家老の家に生まれた官兵衛は、東の織田か、西の毛利かの狭間にあって、信長に新時代の息吹を感じて織田方に参じ、秀吉と出会い、活躍の舞台を広げました。

本能寺の変で中国大返しを献策するなど、その才覚は天下を左右するまでになります。

秀吉の死後、天下分け目の決戦となった関ヶ原の戦いは、あっけなく終わってしまいますが、もし、長引いて膠着状態に陥っていたなら、今度こそ、参謀としてではなく、自らの天下取りに名乗りをあげていたでしょうか。

【追加】

来年1月5日スタートするNHK大河ドラマ「黒田官兵衛」の初回放送分の試写会が12月10日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われ、出演する岡田准一さん、柴田恭兵さんなどが会見しました。

主人公・黒田官兵衛を演じる岡田さんは、「(戦国時代に)たくさんの人の死を見てきた官兵衛の核となっている『命を大切にする』という部分を大事にして演じたい」との意気込みを語りました。

初回は、官兵衛が武将として参加した豊臣秀吉の小田原攻めのシーンでスタートし、そこから姫路城で育った子ども時代に戻るという形でドラマが展開します。

岡田さんは冒頭の小田原攻めの場面について、「現役バリバリの官兵衛の姿が(若い時代を演じる上での)道しるべになるようにしたかった」と、その思い入れを話しました。
 

官兵衛の父親・黒田職隆役の柴田さんは、「パワーのある大河ドラマになっていると思う。ぜひ見てほしい」とアピール。

官兵衛の子ども時代を演じた子役の若山耀人くんは、「(官兵衛は)自分と性格が似ているところがあって、演じていて楽しかった」と笑顔を見せました。
 

番組の制作統括を務めるNHKの中村高志チーフ・プロデューサーは、「冒頭の乗馬シーンは当初の台本にはなかったが、岡田さんのアクティブさを出すために入れた」との裏話を披露しました。
 

なお、この日は新たな出演者が発表され、官兵衛の息子の黒田長政を松坂桃李さん、長政の妻・栄姫を吉本実憂さん、キリシタン大名・高山右近を生田斗真さん、黒田家の家臣で豪傑として知られる後藤又兵衛を塚本高史さんがそれぞれ演じることも明らかになりました。


カテゴリー: トレンドニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。