何より大切なのは人間関係である

人間関係のマネジメントは、基本的なビジネススキルの1つです。

したがって、アイデア売り込みにあたっても このスキルが極めて大きな役割を果たすのも不思議ではありません。

人間関係があれば、ある程度の信頼関係も生まれ、コミュニケーションもスムーズになり、協力もしやすくなります。

誰かと仕事で顔を合わせたら、たとえ良く知っている相手でも、少し時間を割いてラポールを確立(あるいは回復)し、相手が今どうしているかを聞き出し、互いの人間関係の基礎になっている共通の利益や経験を改めて確認すると良いです。

人は自分に関心を持ってくれる人には好意的に対応しますし、そういう人のことは忘れないものです。

これといって戦略的メリットがない人間関係なら尚更です。




顧客の子供の名前を憶(おぼ)えているセールスマンに失敗者はいません。

社会心理学では、人間関係の基礎としては「類似性」「好意」「相互利益」の3つが定番とされています。

既に良好な人間関係があるところへ、この3要素が加われば、アイデア売り込みの貴重な武器が手に入ります。

つまり「信頼」される人になれます。


カテゴリー: ビジネス関連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。