日本の総人口に占める高齢者の割合が25.9%と過去最高を更新

高齢者
総務省が9月14日、敬老の日に合わせてまとめた9月15日時点の推計人口によりますと、65歳以上の高齢者人口は3296万人で過去最多でした。

1947~1949年生まれの「団塊の世代」のうち、1949年生まれが新たに65歳に達し、年内には同世代の全てが65歳以上となります。

8人に1人は75歳以上の後期高齢者で、高齢化社会が急速に進んでいる実態が浮き彫りになりました。




総務省統計局が2010年の国勢調査をもとに、その後の出生数や死亡数などを加味して推計しました。3カ月以上滞在する外国人も含んでいます。

総人口に占める高齢者人口の割合

65歳以上の高齢者人口は1年前より111万人増えました。

日本の総人口(1億2707万人)に占める高齢者の割合も25.9%(前年比0.9ポイント増)と過去最高を更新。

高齢者の人口と総人口に占める割合は比較可能なデータのある1950年以降、増加を続けています。

男女別では65歳以上の男性が1421万人、女性は1875万人。

75歳以上の人口は1590万人で、総人口の12.5%を占めます。

85歳以上も478万人(3.8%)に達しました。

国立社会保障・人口問題研究所の予測によりますと、65歳以上の高齢者の割合は2024年に30%を突破し、2035年には33.4%になります。

一方で2013年の住宅・土地統計調査によりますと、高齢者がいる世帯数は2086万世帯で、1948年の住宅・土地統計調査開始から初めて2000万世帯を超えました。

このうち高齢者が単身で住む世帯は552万世帯で、5年前より138万世帯増えました。


カテゴリー: 社会問題 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。