2013年の紅白PR大使に「じぇじぇじぇ」や「あまロス」で流行語大賞候補の能年玲奈が決定

能年玲奈
今年の紅白歌合戦の魅力を強力にアピールする“紅白PR大使”を、能年玲奈(のうねんれな)さんが務めることになりました。




紅白応援隊は2007年から毎年結成され、2007年はタレントの関根勤さんと関根麻里さん親子、2008年はテリーさんと麻里さん、俳優の沢村一樹さん、2009年と2010年はテリーさんと麻里さん、声優で歌手の水樹奈々さん、2011、2012年はAKB48とテリーさんが担当しました。

今年、連続テレビ小説「あまちゃん」の主人公として日本中を明るく元気にした能年さん。

新進気鋭の俳優として今もっとも注目を集める存在です。

その能年さんが今度は紅白歌合戦のPR大使として、2013年をしめくくる歌の祭典のみどころをミニ番組やホームページなどで紹介していきます。

毎日日替わりの“大使ひとことコメント”を紹介するミニ番組「毎日PR!紅白」(30秒)を12月1日から31日まで連日放送。

初めて紅白歌合戦に関わる能年さんならではのフレッシュなコメントでお茶の間に紅白の魅力をお届けします。

【放送予定】
・月~土:12:44.30~12:45 ほか
・日:午前7:59.30~8:00 ほか
※12/23(月)、29(日)~31(火)…放送時間未定

11月20日から紅白の番組ホームページがリニューアル。

今後は能年さんが案内役となり、さまざまな情報をお届けしていきます。

ページ内には「紅白PR大使カウントダウン時計」が設けられ、能年さんがさまざまなポーズで本番までの時間をお知らせします。

また、上記ミニ番組と連動して日替わりクイズも出題。

大使のひとことコメントにちなんだ四択クイズに答えてポイントを貯めると「紅白どーもくん特製壁紙」などの特典をダウンロードできます。

 >> 12月1日からスタート「毎日PR!紅白 日替わりクイズ」へ移動する。

本番数日前からは「毎日PR!紅白」に加えて、より詳しい情報を盛り込んだミニ番組を放送予定。紅白本番の見どころを紹介していきます。

能年さんは紅白の思い出について「子どもの頃、家族で見ていたという思いがある。北風小僧のかんくろう?寒太郎をみなさんで歌っているのが記憶に残っています。妹と一緒に歌って楽しんだと思い出があります」と語り、昨年の紅白についても「きゃりーぱみゅぱみゅさんのモフモフの衣装が可愛い。気持ちよさそうだなと思っていました。あと、ももクロがすごくパワフルで元気をもらいました」とコメントしました。

そして「朝ドラでは楽しんでいただけたのかなと思っているので、紅白PR大使として毎日、旗を持って走り回ってPRしたい」と抱負を語りました。

11月20日に発表された『現代用語の基礎知識選 2013 ユーキャン新語・流行語大賞』のノミネート50語の中にも、「じぇじぇじぇ」や「あまロス」が選出されるなど、日本中に話題を振りまいた能年さんが、2013年を締めくくる歌の祭典の見どころを、ミニ番組やホームページなどを通して伝えてくれます。

【能年玲奈さんのコメント】

みなさんこんにちは。このたび「第64回NHK紅白歌合戦」のPR大使を務めることになりました能年玲奈です。

朝ドラでは半年間、毎日のように楽しんでいただけたのかなと思っているので、紅白歌合戦のPR大使としても、毎日いろんなPRを届けたいと思います。


カテゴリー: トレンドニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。