人生で一番後悔していることは何ですか?

HAPPY – しあわせを探すあなたへ
死を迎える人たちが最後に人生を振り返った貴重な証言集【死ぬ瞬間の5つの後悔】を紹介します。




オーストラリアで看護士をしていたブロニー・ウェアが2011年に発表しました。

ブロニー・ウェアが余命数週間の患者に、こう問いかけました。

「人生で一番後悔していることは何ですか?」

人生を終えようとしている人々に、こう聞けるのは滅多にない機会です。

あなた自身も考えてみてください。

もし余命2週間だとしたら何を一番後悔すると思いますか?

多かった答えは次の5つです。

人の期待に応える人生ではなく自分に正直に生きる勇気がほしかった

こう答えた人たちは自分の目標や夢を諦めて人の為に生きてきたと思っています。

責任や義務を負うことはもちろん大切です。

バランスが取れれば良かったのですが、この人たちは自分の夢を犠牲にしすぎたと思っているのです。

2番目の答えは

あんなに働かなければよかった

仕事は大事。

人生に意義も教えてくれるし、生活の糧(かて)も与えてくれます。

しかし、ときに本当に大切なものを見失わせます。

次は

勇気を出して自分の気持ちを伝えればよかった

せつないですね。

こう答えた人たちは「人と繋がりたい」「本当の自分をさらけ出したい」と思いながら怖くて、そう出来なかった。

「親しいから言わなくても分かるだろう」と思ってしまったり、逆に言葉足らずだったりして、はっきり伝えることが出来なかった。

彼らは、それを最後の最後に後悔している。

これは、みんなにとって貴重な教訓です。

難しい話も愛のある話もためらわないで話してください。

今すぐ気持ちを伝えるのです。

4番目は

友達と付き合い続ければよかった

これまでも話したとおり、幸福に秘訣があるとすれば社会との結びつきが大切だからです。

最後は

自分が幸せになるのを許せばよかった

これについては皆さん自分で考えてみてください。

皆さんの心はどのくらい自分の幸せを制限しているでしょうか。

もし、これから自分自身を解き放って自由になったら、あなたは幸せになるでしょうか。

人生が少しは変わって、もうちょっと人生の意義を感じ、ポジティブになれるでしょうか。

後悔しない人生を送るためには・・・

自分の人生で後悔していること。

その答えには自分のしたことだけでなく、人との関わり方についての思いが多くありました。

人生の幸福度に大きく関係する人間関係。

これからの人生、いかに人と良い繋がりを築いていくかが幸せに繋がっていきます。

実際に外に出て、自分自身をより幸せにする方法があります。

ひとつは自分が誰かにした親切を数えること。

今日一日、自分がした親切を書き留めたり、日記や手帳に印を付けましょう。

それは、ドアを押さえてあげるとか、コーヒーを一杯おごるとか、高速道路でクルマを前に入れてあげるとか、小さなことで構いません。

ささやかな無償の親切です。

相手だけでなく、あなた自身も良い気分になります。

おそらく、この仕組みが私達を互いに結びつけているのです。

その繋がりの中で私達は「世界がより良くなった」と感じることができるのです。

是非どこかに出かけて一日の終わりに「今日はどんな親切をした?」と自分に尋ね、日記に印を付けたり、短い文章を書いたりしてみてください。

【重要】
親切をすることで人と自分を結びつけ、より良い人間関係を築く


カテゴリー: ライフスタイル パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。