全てのビジネスはクライアントの問題を解決する為に存在する

顧客満足

なぜ多くの人は、自分のキャパシティーが無限であるかのように振る舞うのでしょう?

実際には無理でも、すべて「お引き受けします」と言ってしまうのでしょう?

私は、対応できる顧客の数を明確にし、その数を正直に伝える方がずっといいと思います。

自分のキャパシティーを知っている人は強いです。

一方で、キャパシティーを知らない人が売り手市場を目指すのは、まず不可能です。

どの会社にも、優れた製品やサービスを提供できる限界があります。

その限界を超えようとすると、製品やサービスの質が低下して、クライアントは期待どおりのものを受け取れなくなります。

話は新規のクライアントだけにとどまりません。

影響はクライアント全員に及びます。

クライアントは失望し、そこを境に、あなたのビジネスは下り坂を転げ落ちていきます。

クライアントがあなたに失望したという噂が広まり、あなたのビジネスは困った状況に陥ります。




そこでまずは、自分のキャパシティーをよく考え直してみましょう。

あなたは、「本当は」何件までなら、顧客にきちんと対応できるでしょうか?

本当は、いくつまでなら、いい商品を売れるでしょうか?

本当は、何人までなら、高揚感を与えられるでしょうか?

まずは、完璧なクライアントをイメージしてみてください。

一緒に仕事をするのが楽しい。期日までに支払いをしてくれる。あなたを友人に薦めてくれる。何度も利用してくれる。あなたにまた一緒に働きたいと思わせ、あなたを高く評価してくれる。・・・あらゆる面で申し分のないクライアントとは、そうした存在ではないでしょうか。

では、何がどうなって、その相手は完璧なクライアントになったのでしょうか?

そこで今度は、その人、または会社が、クライアントになる前を考えてみましょう。

彼らの目標は何だったのでしょうか?

どんな問題を解決しようとしていたのでしょうか?

物足りなさを感じていたのはどこだったのでしょうか?

すべてのビジネスは、クライアントの問題を解決するために存在します。

完璧なクライアントがあなたを贔屓(ひいき)にするのは、あなたが飛び抜けた方法で問題を解決し、高い価値をもたらしたからです。

満たされなかったニーズを満たし、かゆいところへ手を伸ばし、他では味わえない感情を抱かせたからです。

つまり、そうした満たされないニーズ、解決に苦慮している問題を突き止めない限り、完璧なクライアントは手に入りません。


カテゴリー: ビジネス関連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。