なぜ長期金利が上がると国債価格が下がるのでしょうか?

日本国債
国債と長期金利の関係について解説します。

まず、額面100万円、償還期間10年、金利2%の国債を例に、国債とはどういうものかを説明しましょう。




「額面」とは、この国債を発行して、国がいくら借金をしたかの額です。

「償還期間」とは、借金の返済期限です。

「金利」とは、償還期間までの間、額面に対して毎年国が支払う利子率のことで、1年以上の国債の金利のことを「長期金利」と呼んでいます。

日本では、償還期間10年の国債の金利が、もっとも重視されています。

この国債を保有している人は、国に100万円を貸していることになります。

その対価として毎年2%=2万円の金利を受け取ることができ、償還期間が過ぎる10年後には、元本の100万円を返してもらうことができます。

これが、国債の構造です。

さて、額面と償還期間は、政府が自由に決められますが、金利は自由に決めることができません。

政府が勝手に「金利を0.05%にします!」と言っても、その金利で貸してくれる人がいなければ借金はできないからです。

そこで政府は、金融機関からの入札を募集します。

おおざっぱに言えば「額面100万円、償還期間10年の国債を発行します。貸してくれる人は金利を提示してください。もっとも安い金利を提示した人から100万円を借ります。」という具合です。

国債の金利はこのように決まるので、国債の人気が高いときには金利は低くなり、逆に国債の人気が低くなると金利は高くなります。

先程の国債の例では、こういった入札の結果、金利が2%に決まったわけです。

この国債を買った金融機関は、もちろん自分で償還期間まで保有することもできますが、何らかの理由で手放すこともできます。

手放す際には「債券市場」を通して、顧客や日銀に売ります。

「債券市場」はイメージしづらいですが、株を取引する「株式市場」の国債版だと考えていただければいいでしょう。


カテゴリー: 国債 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。