3月末の日銀の国債保有残高が201兆円となり、保険を抜いて最大の保有主体に

日本銀行
日銀が6月18日に発表した2014年1─3月期の資金循環統計によりますと、3月末の日銀の国債保有残高が201兆円となり、保険を抜いて最大の保有主体となりました。




昨年4月に導入した「量的・質的金融緩和」(QQE)による大規模な国債買い入れを反映したもので、日銀が最大の保有主体になるのは初めてです。

国庫短期証券や財政債を含めた3月末の国債残高は、過去最高となる998兆円。

このうち日銀の保有分は20%程度にあたる201兆円と過去最高を更新。

これまで最も多く国債を保有していた保険を抜き、初めて最大の保有主体となりました。

日銀は年間約50兆円のペースで長期国債の保有残高を増加させる大規模な金融緩和を継続しており、前年と比べた増加率も57.2%と急ピッチで膨らんでいます。

一方、保険の国債保有は前年比0.3%増の193兆円と過去最高を更新。

次いで中小企業金融機関が同7.8%減の159兆円、国内銀行は同18.1%減の130兆円と大きく残高を落としています。

海外は同2.5%増の84兆円で、残高に占める構成比は8.4%となりました。

2014年1─3月に長期国債の発行残高は8兆1591億円増加しましたが、この間に日銀は保有額を12兆571億円増やしました。

長期国債の発行残高増加分を上回るペースで日銀が買い入れていることになります。

3月末の家計の金融資産残高は同3.3%増の1630兆円で、昨年12月末の1644兆円に次ぐ過去2番目の規模。

過半を占める現金・預金は同2.1%増の865兆円。

引き続き家計の安全資産志向が読み取れますが、投資信託が同10.2%増の78兆円、株式・出資金が同11.3%増の148兆円とリスク性資産の残高も着実に増加しています。

また、良好な収益環境などを背景に企業の金融資産残高も同9.8%増の942兆円となり、増加基調が続いています。

このうち、現金・預金は同4.1%増の232兆円と過去最高を更新しており、企業が手元流動性を厚めに持つ動きが続いています。

また、1─3月の企業の資金余剰は11.7兆円と前年同期の8.2兆円から拡大しており、4月の消費税率引き上げ前の駆け込み需要に伴う売り上げ増を反映したとみられています。


カテゴリー: 国債 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。