日銀の異次元緩和策が日本国債という談合市場を終わらせる

日本国債
2013年の4月、日本銀行が「2年で2%のインフレ率達成を目指します」と「異次元緩和策」を発表しました。




なんと、目標達成のために国債を年間90兆円、市場から買い占めていくというのです。

国債市場で平穏な日々を過ごしていた投資家たちは慌てました。

デフレ下の日本では、銀行や生命保険会社などの投資家にとって、国債は収益の柱。

いわば主食の“コメ”のような存在です。

それを数少ないプレーヤー同士で仲良く分け合ってきた中、突如日銀が大量に買い占めるというから「投資家が買いたいのに買えない」という“ゆがみ”を生み出したのです。

半ば強制的に「“麦(株や外債、貸し出しなど)”を食べてほしい」と日銀に要請された銀行は、実際に外債などを大量に購入しましたが、足元では含み損を抱えているもようです。

麦を食べたはいいが、おなかを壊してしまったわけです。

景気が改善しているとはいえ、貸し出しも思ったほど増えているわけではなく、下期の運用収益の柱はないままでした。

一方、国債市場では日銀が大量購入を続けている分、自然と金利が下がって(価格が上がって)しまう状態が続きます。

慌てた銀行が「国債を買い戻し始めた」ために、金利がさらに下がり始めたというわけです。

とはいえ、銀行がこの約半年間で落とした巨額の国債残高を本格的に積み直そうとすれば、日銀の国債残高目標が達成されません。

日銀に無理に協力などしなくてもよさそうなものですが、表立った国債回帰は遠慮せざるを得ないところに銀行らしいジレンマがあります。

“国債ムラ”で連綿と続いてきた談合時代の終りを意味するように「国債が圧倒的に不足し、買いが殺到する“国債争奪戦”が始まります。


カテゴリー: 国債 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。