YouTube再生数631万回超、コメント数3600の喜多郎「饗宴(Matsuri)」が海外から絶賛!

喜多郎
天照大神を天岩戸から誘い出す為、宴を催す光景を表現している「饗宴(Matsuri)」という曲に海外からのコメントが殺到しています。




1953年2月4日生まれの喜多郎(きたろう)は、2006年に、アメリカのコロラド州からカリフォルニア州セバスタポウルに移住したキーボーディスト、作曲家です。

1998年、長野県の祭り“御柱祭”で、その木遣り唄を主題にしたアルバム『GAIA-ONBASHIRA』を発表。

同年NHK番組「四国八十八か所」の音楽を担当しました。

同年のアジア・ツアーでは『古事記』収録曲「饗宴(Matsuri)」が女性を中心とした若者たちからの人気を集め、『GAIA-ONBASHIRA』で6度目のグラミー賞ノミネートを果たしました。

本名は高橋 正則(たかはし まさのり)。

愛知県豊橋市出身。愛知県立豊橋商業高等学校卒業。

1994年、米映画『天と地 (Heaven & Earth)』(監督:オリバー・ストーン)でゴールデングローブ賞作曲賞受賞。2001年、米音楽界最高峰であるグラミー賞受賞、ノミネート13回。

自然環境からインスピレーションを取り入れた独自のクリエイティヴな作品は、世界でも高い評価を受けています。

毎年夏には富士山の5合目太郎坊駐車場にて、日没から夜明けまで約12時間かけた無料イベント富士山讃歌を行っています。

これは年に一度、大地への感謝の気持ちを表現したファンと一体になったイベントです。

 >> 「饗宴(Matsuri)」をYouTubeで視聴する。


カテゴリー: トレンドニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。