豚や人間の奇形が産まれるのは添加物が原因か?

豚の奇形
数年前のことです。

福岡県で最大発行部数を誇る西日本新聞が、「食卓の向こう側」というシリーズの中で、福岡県内の養豚農家で、あるコンビニの弁当やおにぎりを母豚に毎日3キログラムずつ与えたところ、奇形や死産が相次いでいたことが分かったというスクープ記事を掲載しました。




その後この件に関する報道もなかったため、事実はあったとしても、さほど気にしてはいませんでした。

その記事の掲載から数年経った昨年、大分県の養豚農家から同じ話を聞くことになりました。

詳しく聞いてみると、その養豚農家の方は、近所のコンビニから食品残渣(ざんさ)を貰い受け、それを飼料にしていたそうです。

すると数か月後、豚の出産に異常が出始めました。

まず死産が圧倒的に増え、生まれた子豚に奇形が目立つようになりました。

頭が2つあるもの、尻尾が3本あるものなどが産まれ、気味が悪くなった、その養豚農家はコンビニから残渣を貰い受けることをやめたそうです。

数ヵ月経つと、その異常事態は無くなり、その後、奇形は産まれなくなったと言います。

しかし、そのときに起こったことのショックから完全に立ち直ることができず、この方は養豚業から手を引いたということです。

話は変わって、私たち人間のことです。

日本における奇形児出産頻度は、1999年度の調査では、1.48%だったのが、2006年に1.80%に、そして2010年には2.31%にまで上昇しています(日本産婦人科医会先天異常モニタリングより)。

豚の奇形や死産の件、そして人間の奇形児出産頻度が上がっている原因を、すべて食べ物だけのせいにしたくはありませんが、原因のひとつ、それも決して小さくはないひとつだとは言えるでしょう。

現在、コンビニ弁当と豚や人間の奇形に因果関係が認められているわけではありません。

しかし、コンビニ弁当に含まれる保存料や酸化防止剤、着色料、グルソ・・・などの添加物、高脂質で濃い味付けに加えて、それら大量の添加物が影響しているとは考えられないでしょうか。

偏りなく調査された結果がないのですから、安全性が確認できないものを提供するのは避けるべきですし、この事実を知った方には避けてほしいと思います。


カテゴリー: 健康管理 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。