想定外ライバルの法則

大ヒットする映画には、必ず手強い敵が登場します。『スター・ウォーズ』では、ルーク・スカイウォーカーに対し、ダース・ベイダー。『バットマン』では、ジョーカー。『プラダを着た悪魔』では、主人公のアンドレアに対して、カリスマ編集長のミランダといった面々。ドラマでは悪役が魅力的であればあるほど、主人公が輝きます。

ビジネスにおいても、敵を設定することによって、あなたの会社は際立ちます。しかし、ライバル会社を敵視するのは、もはや時代遅れ。たとえば、大手企業をライバルとして、「見るは(ライバル会社名)、買うは(自社名)」とか、「テレビ広告しない分、浮いた宣伝費を、お客様に還元します」などと比較すれば、短期間で売上は上げられるものの、副作用が大きい。そうやって集まった顧客は噛みついてくることが多いし、また あなたの事業が大きくなったときに、今度は逆に、後発企業からバッシングされることになります。




そこで、あなたの商品とは全く関係のない商品を“敵”に設定してみるという方法があります。例を挙げれば、こだわりの甘酒の製造・販売をしている株式会社源麹(げんこうじ)研究所(鹿児島県霧島市)。ここの商品(甘酒)の広告コピーは、「ライバルは高級スイーツ」「甘酒の糖度は18度。完熟マンゴーと同じです」といった具合。

決して同業他社の商品とは比較していません。ちなみに、この甘酒の価格は税込200円程度。ライバルを高級スイーツや宮崎マンゴーとしているのですから、お値打ち感も出るというものです。比較対象をライバル商品から想定外のものに変えるだけで、価格競争からも逃れられます。

米国テスラモーターズの最新車種には、空気清浄機能として医療用フィルターを採用しているのですが、その説明として、創業者イーロン・マスクは、「化学兵器で攻撃された際にも大丈夫」と、なんとテロリストを敵に設定しました。

【貧す人】は、同業他社を敵とみなしますが、【稼ぐ人】は、自社商品を全く異なる商品と面白く比較したり、環境破壊、人種差別、貧困問題、エネルギー問題といった社会的問題を敵とみなしたりします。そしてライバル会社すらも、あなたとの共同戦線に巻き込んでいくのです。

誰もが味方にならざるをえない、共通の敵はどこにいるか?

それを見出すことで、あなたの事業は使命感を持って、より広い市場へと飛躍し始めます。


カテゴリー: コピーライティング パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。