共育・共感・共動の法則

多くのビジネスパーソンは、ビジネスモデルと聞くと、キレイにまとめられた企画書を思い浮かべるかもしれません。顧客、商品、チャネル、収益と費用などを整理して、歯車のようにかみ合わせることで、キャッシュを生み出していくという概念です。

そのようなモデルは、既に出来上がったビジネスを理解したり、アイデアを整理したりする概念図としては素晴らしいのですが、企画書どおりにビジネスが作り上げられることは極めて稀です。なぜなら、ビジネスモデルとは、そこに関わる人々の経験を積み上げるプロセスがあって初めて血が通い、動き出すものだからです。




では、ビジネスモデルに血を通わせるための肝は何でしょうか?
ズバリそれは、社外(顧客)と社内(同僚)との情報伝達・交流です。
たとえば、あなたが顧客からの不満を社内に伝えたとしましょう。
すると社内では緊張感が走り、その解消に向かって協力し始めます。
当然、顧客からの要求を満たすためには、社内で意見の衝突がありますが、
それを乗り越えたとき、予想外のブレイクスルーを体験することになります。

一方、顧客は社員が障害を乗り越えて事業が育っていく様に触れ、感動します。そして会社の成長を自分の人生に重ね合わせ、応援するようになっていきます。つまり、社内が協力に向かうプロセスがあるからこそ、あなたは顧客に対して説得力のあるウソのない言葉が紡げるようになり、予想以上の売上を上げられるようになります。

【貧す人】は、自分の意見を強制し、反発され、硬直します。そして、ひとりだけで経験を積み、履歴書に表面的な実績を作文して、転職していきます。一方、【稼ぐ人】は、共育し(共に育って)、共感され、共動します(共に動く)。その結果、ビジネスモデルに血を通わせ始めます。

具体的には、部署を越えたプロジェクトチームを敢えて作り、短時間でも良いのでコミュニケーションを取ります。「ご意見を伺いたいのですが・・・」「ご相談してもよろしいでしょいうか?」と、多くの社員や顧客から意見を聞き、その意見を尊重します。そうして「自分が関わっている」「自分の功績や学びになる」と思える人を増やしていきます。社内が動かないのではなく、社内を動かすプロセスを体験するからこそ、その後、顧客を動かせるようになるのです。


カテゴリー: コピーライティング タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。