幹細胞から筋肉と脂肪細胞に変化する際、不良品の細胞が出来ない仕組みを解明

間葉系幹細胞
筋肉と脂肪の細胞は元になる幹細胞は同じなのに、それぞれに変化する際、両方が合成された不良品の細胞がなぜできないのかを京都大の西田栄介教授(細胞生物学)のチームが解明、4月4日付米科学誌モレキュラーセル電子版に発表しました。

体のどの細胞になるのかは、細胞の種類ごとに特定の遺伝子の働きで決まります。

今回、筋肉と脂肪にそれぞれ固有の遺伝子が互いの働きを邪魔し合い、不良品ができるのを防いでいました。

西田教授は「脂肪細胞にする遺伝子の働きを抑えることで肥満の治療法開発に役立つ可能性がある」と話しました。

筋肉と脂肪の細胞は間葉系幹細胞から作られ、筋肉は遺伝子「MyoD」、脂肪は遺伝子「PPARγ」の働きで出来ます。

2つの遺伝子をマウスの間葉系幹細胞に導入し両方が働くようにした結果、筋肉と脂肪の細胞が独立してでき、合成細胞は作られませんでした。


カテゴリー: トレンドニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。