現在の日本人の平均寿命は83歳。
昔の人々と比べると、その差は何倍にも長くなりました。

そこで、昔を振り返ってみると

  1. 旧石器時代から縄文時代
    マンモスがたくさんいた時代。その時の平均寿命が15歳。子供の死亡率が高かったので、平均寿命も下がってしまう。
  2. 弥生時代
    稲作の文化とともに新しい土器や便利な道具が伝わり寿命が20歳代に。
  3. 奈良・飛鳥時代
    平均寿命は30歳前後。
  4. 鎌倉時代
    激しい天候不順が続き、平均寿命が24歳まで落ち込んだ。
  5. 室町時代
    農作物の不作は室町時代になっても続き平均寿命は15歳。
  6. 江戸時代
    平均寿命は30歳~40歳。ただし15人の将軍の平均寿命は51歳。栄養状態が庶民に比べて圧倒的に良かったはずなので、比較的長生きだったようです。
  7. 日本の平均寿命が50歳を超えたのは昭和22年(1947年)

約1万8000年かけて人の寿命が35歳延びたのに対して、戦後、たった70年間で33歳延びたという結果は、食料の安定供給と栄養改善・医療の発展が寄与していることは事実です。

素晴らしいと受け取ることもできますが、人類が1万8000年かけてきた進化を、この70年間でカバーしてしまうという驚異的な進歩は、どこかひずみが生じているのではないかと考えてしまいます。

寿命が長くなった=生かされている時間が長くなったという事。
その長くなった分、次の世代に生きている喜びを伝えられる人生を送りたいものです。