黒田日銀総裁の異次元緩和は長期金利の上昇を招くのか?

黒田日銀総裁
あたりまえですが、長期金利の利率が上がればその分、利払いが増えます。

日本の場合、すでに1000兆円を超える借金があるので、仮に1%長期金利の利率が上がるだけで、10兆円もの利払い費が余分に生じてしまいます。




こういう状況なので、長期金利の動向に神経を使わなくてはいけないのですが、2013年4月4日に黒田日銀総裁が異次元緩和を発表した途端、アベノミクス反対派を色めき立たせる出来事が起きました。

異次元緩和というのは、従来の枠組みから大きく変更した金融緩和だったため、このように呼ばれています。

黒田総裁が異次元緩和を発表した翌日からの長期金利が一旦、下落しました。

日銀による異次元緩和は、デフレ脱却が第1の目的で、副次的に日銀が大量に国債を買い入れ、金利を引き下げることによって、民間が資金を借りやすくし、市中にお金を回すことを第2の目的としていました。

金利が低下したことで、緩和効果が早速現れたのかと、一時は誰もがそう思ったのですが、その後、金利は一転、上昇を始めました。

その後、しばらく小康状態が続いたものの、5月に入ると再び上昇トレンドに入り、一時は1%を超えるなど、荒っぽい値動きが続きました。

この金利上昇をとらえて、アベノミクス反対派は、金利が上がって利払い費が膨張し、財政破綻するといっているのです。

この金利上昇については、2つの理由から財政破綻につながるようなものではないと考えます。

1つは、早晩市場が落ち着きを取り戻すと考えられるからです。

黒田総裁による異次元緩和というのは、アメリカやイギリスもやっているグローバルスタンダードな政策で、世界的な視野に立ってみれば、さほど驚きのあるものではありません。

しかし、日本国内の債券市場にとってみれば、やはり異次元であったことには間違いがなく、このことにより市場が混乱したことが金利の乱高下の原因です。

金利が低下したのは、当初、日銀が大量に国債を購入するということで、国債価格の上昇を見越した買いが殺到したからです。

しかし、そもそも国債というのは運用の対象として購入しているものなので、あまりにも金利が下がってしまうと投資商品としての魅力がなくなってしまいます。

そのため、今回の金利低下局面では、多くの投資家がさらなる国債の購入を手控えたことで、金利が急上昇したのです。

要は、異次元緩和でみんなが慌てて買い急いだので下がりすぎてしまった金利が、みんな落ち着いた結果、あるべき水準に戻ったということなので、何も大騒ぎするには値しないことだったのです。

もちろん、他国の財政危機の際に見られた国債の売り浴びせとは全く性質の異なるもので、財政破綻につながるようなものでは断じてありません。

事実、すぐに市場は落ち着きを取り戻し、長期金利は安定した水準を保っています。

これが1つ目の理由です。

もう1つの理由が、今の金利の水準がそもそも心配するレベルではないことが挙げられます。

国債市場が荒っぽい動きを見せた後、日銀は1度に購入する国債の金額を減らして、購入する回数を増やすなど、市場の混乱を抑えるための手を打ちました。

その後、長期金利は0.8%台で推移しています。

0.8%の金利というのは、たしかに異次元緩和前よりは高い水準ですが、1年前の2012年前半の水準とはほとんど変わりありません。

一方の株価は、その間に40%以上も上昇しているので、金利はもう少し高くなっても別に不思議でもなんでもありません。

今の金利の水準で大騒ぎするのは、明らかに過剰反応なのです。


カテゴリー: 財政問題 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。