男性の平均寿命が80歳超え、日本人の長寿は世界のトップレベル

長寿
厚生労働省によりますと、昨年の日本人の平均寿命は、男性が80.21歳、女性が86.61歳で、おととしと比べて男性は0.27歳、女性は0.20歳上回り、いずれも過去最高を更新しました。




男性の平均寿命は初めて80歳を超え、香港、アイスランド、スイスに次いで世界4位となっています。

女性は2年連続で世界1位となりました。

男性と女性の平均寿命の差は6.40歳でおととしより0.07歳縮まりました。

平均余命

平均寿命

平均寿命の前年との差に対する死因別寄与年数
平均寿命の前年との差に対する死因別寄与年数
平均寿命の前年との差に対する死因別寄与年数

平均寿命が女性だけでなく男性も80歳を超えたのは、世界でも香港やスイスなど一部の国や地域に限られていて日本人の長寿は世界のトップレベルとなっています。

これについて厚生労働省は「医療技術の高さや食生活、それに住環境の良さなどから日本人の寿命は今後も延びていくと見られる。高齢者が健康で長生きできるような支援を行いたい」と話しています。


カテゴリー: 社会問題 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。