大好きなことをやるとハートブレイクが起きるのは何故か?

ハートブレイク
大好きなことをやると、心がボロボロになりそうで、嫌だという人がいます。

それは、本当に好きな人に告白して、No(ノー)と言われることと似ています。

「自分がこれほど好きなのに、相手に拒絶されるなんて惨めすぎる」というわけです。

そして、自分の価値がないような感じがしたり、死んだほうがマシだという気分になったりします。




しかし、だからといって、相手に断られるリスクを冒さなければ、相手があなたのことを好きかどうか、知るチャンスも逃してしまいます。

多くの恋愛は、このリスクを冒せないために進まないのです。

大好きなことをやるときも、この片思いに似た感覚を覚えるでしょう。

そのときに、怖くても、傷ついても、自分のライフワークに全体重をかけられるかです。

ハートブレイクは、真剣に生きていると必ず出てきます。

それは、情熱的に生きた勲章のようなものです。

ハートブレイクを体験しながらも、ハートを閉ざさないでいられるかどうか、やってみてください。

疲れたときには、傷を癒す時間も取ってあげてください。

恋愛と同じで、きっとそのうち、相思相愛の関係を築くことができると思います。


カテゴリー: ライフスタイル パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。