グルコサミンで「寿命が伸びる?」 効果の仕組みを解明する新たな研究

グルコサミン
2013年6月14日の閣議決定を受けて、「食品の新たな機能性表示制度」の検討が進んでいます。

最終製品を用いたヒト試験によって科学的根拠を証明するか、これまでに行われた研究の解析評価による実証をベースとして、企業の責任において、健康維持・増進に関する表示を行う、といった内容です。




対象食品には、一般的な食品から健康食品、野菜や魚などまで含まれるとしています。

しかし、この制度が導入され、ある食品に関して機能性表示が始まったとしても、企業はその食品について新たに発表される科学的根拠を常に検証し続ける必要があります。

それを使う消費者も、正しい情報を収集し、効果実感を確かめながら、使用価値がある食品なのかどうかをチェックしなければならないでしょう。

なぜなら、食品やその成分に関する科学的根拠は必ずしも定まったものではなく、しばしば、よい結果も「効果無し」とする結果も出るものだからです。

 グルコサミンは、ヒトを含む動物の軟骨やカニ・エビの殻などに含まれる糖の一種で、関節の痛みを緩和する、動きを潤滑にする、といった効果を期待する人たちに支持されている成分です。

日本通信販売協会サプリメント部会が2012年末に行った調査によりますと、グルコサミンは同協会に加盟するサプリメント販売企業200社のうち120社が販売していて、コラーゲン、ビタミンCを抑えて、取り扱い成分のトップになっています。

矢野経済研究所の調べでは、2012年度のグルコサミン市場はメーカー出荷金額ベースで前年比109.4%の464億円に達しました。

この成分の機能性については、2012年に消費者庁が「食品の機能性評価モデル事業」で評価を行い、結果を発表しています。

詳細は省きますが、高齢者に悩む人が多い変形性膝関節症の症状改善で総合B(適切な摂取によって効果があるかもしれない)という評価を付けています。

これは決して低い評価ではありません。

なぜなら、同時に評価されたヒアルロン酸、ビルベリーエキスなどを含む11成分の中で、一番上位の総合A(適切な摂取によって効果が期待される)という評価を得たのは、医薬品にもなっている魚油成分であるEPAとDHAしかないからです。

しかし、このように評価が高い成分でも否定的な研究は少なくありません。

10件の臨床試験を解析して、膝関節・股関節の変形性関節症に伴う症状に対する効果を評価した報告では、痛みの緩和も関節摩耗の予防効果も見られなかったとしています(BMJ;341,c4675,Sep16,2010)。

2014年に入ってからも、米国で行われた、慢性的な膝関節痛を訴える患者約200人に対する臨床試験で、グルコサミンを24週間取っても病変部位に変化は起こらなかったという結果が発表されています(Arthritis Rheumatol.; 66(4),930-939,2014)。

しかし、「実際に、患者によっては痛みが消える場合もある。エビデンス(科学的証拠)だけで個別の患者向けの指導が行われるのなら、医師がいる意味がないのでは」と、現代医学の主流になっているエビデンス主導の治療に疑問を呈する大学病院の医師もいます。

食品成分だけに、安全性が担保されれば、あとは個人の効果実感が優先、という考え方は理にかなっているともいえます。

一方、研究者や医師の間で、今、グルコサミンに関して話題になっているのは、関節痛の緩和とはまったく違った効能です。

いくつかの研究によって、この成分で「寿命が伸びるのかも」という結果が出て、その仕組みに迫る分析も登場しているのです。

2014年3月、「Cell」という学術誌に、グルコサミンが加齢に伴う病気の引き金になる「たんぱく質の劣化」を防ぎ、線虫の寿命を伸ばしたという研究が発表されました(Cell;156(6),1167-1178,2014)。

さらに4月には、グルコサミンを投与されたマウスで寿命延長効果が確認されたという報告も続きました。

「グルコサミンを摂らなかったマウスに比べて約10%、ヒトにして8年相当の寿命延長があった」(研究班)。

こちらでは、グルコサミンをとることで、まるで糖質摂取量を制限したときのような体内状態になり、糖代謝が改善したのが寿命延長の理由かも、といった考察を行っています(Nat.Commun.;5,3563,Apr8,2014)。

ではなぜ、これらの研究が話題を喚起したのか。

それは、これに先立つ2010年に、約7万8000人を平均5年間追跡して、20種類のサプリメント摂取と死亡リスクの関係を見た研究で、計13のビタミン・ミネラルも他の5種類のサプリメントも死亡率には影響がなかったが、グルコサミンおよび、同様に関節の痛みや不調を訴える人たちに支持されているコンドロイチンでのみ全死亡リスクが低下した、という結果が報じられていたからです(Am.J.Nutr.;91,1791-1800,2010)。

その2年後には、同じ群をさらに約2年間追跡したところ、グルコサミン摂取者では癌と呼吸器疾患による死亡リスクが大きく下がっていたという発表がありました(Eur.J.Epidemiol;27,8,593-603,2012)。

こうした働きは抗炎症作用によるものではないかとされていましたが、今回、効果の仕組みを解明する新たな研究が出てきたというわけです。

しかし、グルコサミンが死亡率低下に効く理由はまだ定まったとは言えません。

例えば、健康寿命を損ねる大きな要因である膝や関節の疾患の意味を理解し、それを防ごうという意識の高い人たちが、ケアの一環として、関節の健康を守るといわれるグルコサミンを摂っていたのかもしれない、という推測もできるからです。

たったひとつの食品成分について見ても、このように、効能もその科学的根拠も常に揺れ動いています。

もっともそれは、食品もしくは食品成分の性質を考えれば当然ともいえます。

医薬品のように心身に鋭く一定の影響が出たとしたら、そのほうが余程問題です。

人は誰しも、自分に都合のいい結果に目が行きやすいという性質を持っていることも忘れてはならないでしょう。

実際に、偽物の成分でも、信じて飲み続けた人には効果が出ることもあります。

だからこそ、食品の機能性の評価については、企業も消費者も“揺れ動いて当然”というくらいの認識で接するべきかもしれません。

消費者に最も必要なのは、効果を期待して口に入れた食品に対し、自分の心身がどんな声を発するかをきちんとキャッチできるアンテナの感度を磨くことなのではないでしょうか。


カテゴリー: 健康管理 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。