あるモノを人に例えるキャッチコピー

浣腸好きな団地妻ですけど、何か?

トイレから出れなくて、宅配便の人に帰られた。

金魚のフンを見て、負けたと思った。

大空の上で機内食。次の国でも、きっと出ない。

せめて、ウンチぐらん景気よく出したい。

トイレで打つメールが、いつも、ロングメール。

(ムネ製薬 コトブキ浣腸ひとおし 雑誌広告)

昼から飲もうと夏が言う。

(サントリー オールフリー ポスター)

コウノトリからママへ。しばらくお酒は飲まないで。

(サントリー 新聞広告)

心臓からのお願い。お酒は入浴後に。

(サントリー 新聞広告)

おすしの寿命は350m。

レーンを350m以上移動した皿は、自動的に逃がされる仕組みになっているそうです。
(スシロー ポスター)

鉛筆の身長を、新一年生にあわせました。

通常より15mm短く、角も丸い鉛筆など、学童用ブランドの広告です。
(トンボ鉛筆 新聞広告)

18時16分 小さな改札をくぐった。大きな夕日が迎えてくれた。

(JRグループ 青春18きっぷ ポスター)

おかえり、三鉄。

「線路はつながった。さあ、復興につなげよう。」と続きます。
(岩手県三陸鉄道強化促進協議会 新聞)




欲しい服ほど、逃げ足が速い。
(JR博多シティ アミュプラザ博多 ポスター)

女の胸は、重力にだけは嘘をつけない。
(ワコール ナイトアップブラ ポスター)

年齢の言うことなんか、きかない。
(ジョンソン・エンド・ジョンソン エイジングケアRoC POP)

それは、香水が嫉妬する香り。
(P&G 柔軟剤 レノアハピネス 店頭広告)

来日する虫が、増えている。
(キンチョー 新卒採用 ポスター)

当社No.1営業マンは、出来上がった家です。
(不動産のアゼスト ポスター)

三歳の女の子が意外と強いんだよ。
(JRA 函館競馬場 POP)

「充実した1日だったね」と、消費カロリーがほめてくれた。
(タニタ カロリズム 新聞)


カテゴリー: コピーライティング パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。