願望達成のメカニズム

夢
夢は、それが誰かの心に宿った時点で、もう実現する可能性を持っています。

本人に関係のないような夢は、決してその人のところにはやってきません。

願望達成には、いろいろなパターンがあります。

夢が叶う人と叶わない人がいます。

その違いはどこにあるのでしょう?




まず、夢が叶わない人には、夢がハッキリしていないという共通点があります。

たとえば、「将来留学したいな」と思って、それで終わりなのです。

あるいは、「お店を持ちたい」「作家になりたい」「ミュージシャンになりたい」とボンヤリ考えるだけで、そこから具体的に行動しないのです。

夢を達成していく人たちは、その気持ちを決して忘れません。

願望達成に最初に必要なのは、「どうしてもやりたい」という抑えがたい気持ちです。

具体的なイメージが湧いて、頭から消すことができないくらいにならないと、人は動きません。

それくらいでなければ、日常生活の忙しさに追われて、夢は夢のままで終わってしまうことになります。

一方、願望がハッキリしている人は、人に宣言します。

周りの人に夢を語っていくうちに、「こんな人知ってる?」とか「君がそれをやりたいんだったら、この人に会ってみたら」という形で声がかかるのです。

実際紹介してもらった会社に転職したり、あるいは、実現するために必要な知恵を教えてもらえたりするようになります。

そうやって、本当にワクワクして、それをやりたいんだと言っていると、協力してくれる人たちが出てくるのです。

いつも、「お金がない」「時間がない」「才能がない」と思っている人は、残念ながら、その夢を一生実現できないでしょう。

しかし、「お金がない」「時間がない」「才能がない」という「ない、ない」づくしでも、好きなことをやりたいと思っている人は、自分に足りないものを持っている人を引き寄せればいいのです。

世の中には、「お金を出したい」「才能を出したい」「時間を出したい」「肉体労働でも出したい」と心から思っている人がいます。

あなたが想像する以上に、人の夢を実現させたいと考えている人、喜んで協力してくれる人はたくさんいます。


カテゴリー: ライフスタイル パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。