夢が実現するのは、どんなとき?

夢
夢が実現するときを4つのパターン紹介します。




本人がワクワクしているとき

その人が心からワクワクして取り組むとき、夢は叶います。

何かを成し遂げようと思っても、最初はなかなか上手くいきません。

お金やノウハウ、人脈が足りなくて、そう簡単には いろんなことが上手くいきません。

しかし、本人がワクワクしていると、障害を障害と感じなくなります。

そうして1つずつ片付けていくうちに、スッといろんなことがスムーズにいくようになります。

たくさんの人が巻き込まれるとき

あなただけでなく、たくさんの人が その夢に巻き込まれるとき、夢は実現します。

たくさんの人が それを実現したいと思ってくれるかどうかです。

自分だけでなく、周りの人たちにとってもワクワクするような夢なら、実現度は一気にアップします。

あなたがワクワクして夢の実現に取り掛かっていると、その過程で多くの人と知り合いになります。

彼らがあなたの一生懸命な姿に感動してくれるようになると、応援団が出来てきます。

多くの人の役に立つとき

あなたの夢が「大きな家に住みたい」というものなら、誰も応援してくれないでしょう。

それは、あなただけの個人の夢だからです。

決してそれが悪いわけではありませんが、あなたが得するだけだと、他の人は協力したいと思わないのです。

しかし、それが「幼児虐待によって大変な状況にある子供たちのシェルターハウスを作りたい」というのなら、賛同してくれる人も出てくるはずです。

同じ「大きな家が欲しい」という夢でも、自分の為だけなのか、人の役にも立つのかでは全然違うのです。

不思議な偶然が立て続けに起きるとき

夢が実現するとき、不思議な偶然がウソのように連続で起きます。

たとえば、出資をしてもらおうと思ってお願いに行ったら、それが自分の父親の元部下だったなどという話です。

あなたのお父さんが人望の厚い人で、その人が若い頃にすごくお世話になった恩人だということが分かったという例です。

また、ホームページを作る依頼をしようと思ったら、偶然その会社のナンバー2が大学のサークルの先輩だったりします。

このような事例が続けて起きるときに、夢が実現しやすいようです。


カテゴリー: ライフスタイル パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。