大好きなことをやるのに勇気はいらない

勇気
大好きなことをやっていない人は、自分には何もないと勘違いしがちです。

たとえば、それは才能であったり、お金であったり、時間であったり、情熱であったりすると思うのですが、それらがないから私は出来ないと決めつけています。

しかし、成功するのに、お金も、才能も、時間も、情熱もいりません。




そう、お話しすると、「そういうものがなくても、何かまだ必要なものがあるのではないか」と多くの人たちは思っています。

それは、「勇気」です。

勇気がないから出来ないと思っている人は、結構多いのです。

人生を変えるには、勇気がとても大きなファクターだと思い込んでいます。

もし、あなたが今、会社を辞めて起業するときに必要なものといえば、お金や時間、情熱、そして勇気を挙げるのではないでしょうか?

しかし、これには疑問を感じます。

「勇気」は、多くの人が大好きなことをやる上で、わざと自分で自分にブレーキをかける魔法の言葉のように思えます。

「勇気がないから、自分には出来ない」と思い込ませることで、「今の状態を変えられなくてもいいかなぁ」となっているような気がします。

過剰な勇気があると、必要のないリスクを冒してしまいがちなので、私は「勇気」はなくても構わないと思うのです。

「大成功しよう」とか、「大実業家になろう」「大スターになろう」と思う人には、ある一定の勇気は必要かもしれません。

しかし、ほどよく幸せに成功するには、勇気はかえって邪魔になると私は考えています。

大抵の場合、リスクなんて全く背負う必要はないのです。

「さあ、何か好きなことをやろう」と思ったときに、たとえば、釣りに行ったり、ゴルフに行ったり、海外旅行に行くときに、朝5時に起きなくてはいけないというシチュエーションがあるとします。

そのときに勇気を持って5時に起きるでしょうか。

当然、勇気なんて必要ありませんよね。

あるいは、何か好きなテレビやDVDを見ているときに、ふと、お茶を飲もうと思ったとします。

そのときに、パッと立ち上がるのに、勇気はいらないのではないでしょうか。

やる気がいるでしょうか。

モチベーションが必要でしょうか。

きっと、お茶が飲みたいと思ったら、自然と立ち上がるはずです。

「お茶を飲みたい」とか、「誰かと会いたい」と思ったら、自然と椅子から立ち上がり行動に移します。

そのときに、勇気はいらないのです。


カテゴリー: ライフスタイル パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。