コピーライティング
世界三大珍味として有名なトリュフ、フォアグラ、キャビア。

いずれも高級食材として知られていますが、3つの食材にある共通点をおわかりですか?

それはどれも「とれる数が少ない」ことです。

希少性は、需要と供給のバランスが著しく崩れている場合に生じます。

人は数が少ないほど、また入手困難であるほど、本質がどうであれ、それが価値あるものと思ってしまいがちです。

その裏には実に様々な心理が渦巻いています。

「数が少ないのは、余程すばらしいからだろう」という期待感、「他人がうらやむ貴重なものを手に入れたい」という優越願望、「ここで逃したら、もう二度と手に入らないかも」という不安感・・・。

それらが価値の本質を見極める目を狂わせ、希少なモノの価値を上げるのです。

紹介するものに、もともと希少性があるに越したことはありませんが、意図的に作り出すこともできます。

主な例として、次の3つがあります。

①数を限る(1日限定○個、早いもの勝ち)

②期間を限る(今回に限り~、あと○日で終了)

③場所・方法を限る(ここでしか買えない、○○しかできない)