単に「安い」だけでは購入意欲は増さない。安さの理由が必要

コピーライティング
タダや無料は怪しまれることが多いのですが、安さの理由がわかると不安は消えて購買意欲を加速させることが出来ます。

安さを表現する言葉はたくさんあります。

「○%OFF」「○割引」「激安」「お徳用」「お買い得」「価格破壊」「目玉商品」「大奉仕品」「決算セール」「出血大サービス」など、挙げればきりがありません。

ところが「安かろう悪かろう」の言葉のとおり、「安いモノ=劣悪品」というイメージがあるのも事実です。

大抵の人は価格と品質を天秤にかけて商品を選びます。

いかに安くても劣悪な商品は誰も欲しがりません。

そこで忘れてならないのが、安さの「理由」を入れることです。

「こんな工夫をしたから」「モデルチェンジに伴う在庫処分だから」のように“何故これほど安いのか”を明確に示すだけで、商品やサービスへの信頼感や納得感は変わってきます。

「割安感」を入れる思考のプロセス

【ステップ1】 何がどれくらい安いのかハッキリさせる

「食器のセール」を宣伝するチラシを作るとします。

このとき単に「大幅値引き」と表示しても、いくら値引きされるのか分からず、イマイチ響きません。

そこで「全品なのか一部なのか」「何割引なのか」など、なるべく具体的に安さを表します。

【ステップ2】 なぜ安く出来たのか問う

次に、値引きの理由を明示します。

「新作の在庫スペースを確保するために、今ある古い商品の在庫を処分したい」「独自ルートで安く仕入れた」「仲介業者を通していない」など、可能な範囲で理由を考えてみましょう。

【ステップ3】 安さを強調する

最後に、ステップ1~2をまとめてタイトルにします。

このとき値引きの理由や値引き率を単純に示すだけでなく、「なんと!」や「大特価!」などの煽(あお)り文句を織り交ぜると、より効果的です。

例) 商品入れ替え在庫処分セール、なんと全品半額!


カテゴリー: コピーライティング パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。