人は迷ったり不安になったりしたとき共感や確信的な言葉に惹かれる

コピーライティング
「つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの」

詩人で書家の相田みつをさんの有名な詩のひとつです。

この詩には、読む人の心をホッとさせる力があります。

人は、頭ごなしにお説教されるより、自分を安心させてくれる言葉に、強い魅力を感じるのです。

人は何かを購入するとき「これを選んでも大丈夫かな?」と不安になるものです。

それを解消し、後押しするのが「有名人の○○も愛用しています」「ロングセラー」「売上No.1」などの一言。

これらに共通するのは、有名人や同じ購入者などによる「(第三者の)お墨付き」。

商品に対する信頼性が高まり、購入意欲を高める効果があると考えられます。

また「自信をもってオススメします」「必ず出来ます」「店長イチオシ!」など、確信をもって断言したり、「私もこれで○○できました」など、相手と同じ立場でアドバイスしたりすることによって安心感を与えることもできます。

「安心感」を入れるプロセス

【ステップ1】読み手が抱えている課題や問題を探る

仮に「就職活動中の学生」に向けた文章を書くとします。

彼らは一体どんな悩みを抱えているでしょう。

「書類がなかなか通らない」「内定が決まらない」「同級生に比べ出遅れている」などが浮かんできますね。

【ステップ2】3つのパターンから選ぶ

読み手に安心感を与えるには、大きく次の3つのパターンが考えられます。

①「私もあなたと同じだった」(共感)

②「理想のあの人がこういっている」(第三者を交える)

③無条件で「大丈夫だよ」(断言)

*③を選ぶ場合、タイトルや見出しに続く文章(記事のなか)で、それなりの根拠を示すことが必要

【ステップ3】悩みに対し、安心感を添える

ステップ1~2をまとめます。

①56社に断られた私でも内定が取れた!

②カリスマ経営者○○が語る、就活必勝法

③大丈夫、君なら必ず内定できる!


カテゴリー: コピーライティング パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。