読まれるか無視されるかの決め手!タイトル・見出し・キャッチコピーの効果とは?

コピーライティング
本や雑誌などに限らず、企画書などのビジネス文書、またブログや広告が読まれるかどうかは、タイトルしだいといっても過言ではありません。




もしタイトルがないと、何について書いてあるのか分かりませんし、タイトルに面白みがないと本文を読む気が起こりません。

魅力的な「心をつかむタイトル」だと、読みたくなります。

タイトルの主な役割

1.あふれる情報の中で、その文章がどこへ向かうのか示す「案内板」の役割

2.読み手を適切な方向へ導く「受付係」の役割

3.人々の目を引く「看板」の役割

タイトルの効果

1.本文が読みたくなる欲望を引き出せる。

2.伝えたいことを読み手の記憶に残せる。

3.読み手の関心を集めることができる。

タイトルを使用するべき場面

1.内容には自信があるのに、中身をしっかり読んでもらえない・・・

2.何を伝えたいのか分からないと言われる・・・

3.商品の良さをうまく伝えられない・・・

4.ブログのアクセス数が伸びない・・・


カテゴリー: コピーライティング パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。