Webセールスコピーライティングのコツ (8)

クロージング:申し込みを確定させる

Webコピーでは、クロージングでアナタの提案に対して読者が行動するのを邪魔する障害を全て取り除かなければなりません。

それにはまず、提案した後に、その提案に乗ってもらうために緊急性を盛り込むのです。

緊急性を盛り込むとは、読者に今すぐ行動する動機を与えることです。

たとえば次のような方法があります。

・読者が、少し先の特定の期日までに申し込んだら、無料のプレゼント・景品をつける、または割引価格で商品を提供する。取引にうまみを出して、購買意欲を刺激するのです。保証などのとても魅力的な特典をつける場合は、見出しに書いてもいいでしょう。

  • 商品やサービスの提供に期限を設ける。
  • 数に限りのある商品だと明記する。
  • 価格が間もなく値上げになると告知する。

コピーの最後では、すぐに申し込めば得をするとか、グズグズしていると損をすることを強調しましょう。

コール・トゥ・アクション(CTA)の必要性

クロージングには、“コール・トゥ・アクション(CTA)”(行動を呼びかける言葉。通常はボタンやリンクの形で表示される)も含まれます。

このツールを使って、読者に何をすべきかをハッキリ指示しましょう。

次に何をすべきかなど言うまでもないだろうと思っても、読者を次の行動へと導いてください。

コール・トゥ・アクション(CTA)には必ず動詞を入れましょう。

【実例】

  • ダウンロード・ボタンをクリックして、30日間の無料お試しを始めましょう。
  • 商品を選んでチェックボックスをクリックしたら、安全なオンライン申し込みをクリックして、注文画面を開いてください。
  • 以下のフォームにお名前と電子メールアドレスを入力してください。数分以内に無料メルマガをお届けします。
  • あなたのメールアドレスを入力して[次へ]をクリックすれば、予約完了です。

カテゴリー: コピーライティング パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。