Webセールスコピーライティングのコツ (1)

Webサイトで商品やサービスを売る人は、Webコピーライターを雇うか、自分でWebコピーライティングの書き方を学びましょう。

売れるWebコピーを書くための3つのルール

ルール1:宣伝くさいWebサイトにしないこと

見え透いたセールストークの代わりに、人が知りたくなるような情報を提供して、さり気なく商品の宣伝へと誘導することです。

通常、人間は広告をスルーしますが、記事的な情報には目を留(とど)めます。

ルール2:読者を引き止める

人の心を動かすWebコピーを作ることです。

情報で満ち溢れた現代社会では、集中力が持続することは滅多にないからです。

記事スタイルのコピーを読み進めていくうちに、読者は広告ではなくニュース記事を読んでいると錯覚します。

ルール3:電子メールアドレスを手に入れる

ユーザーに事前承諾を得てからメールマガジンなどを送るオプトイン方式の仕組みが絶対に必要です。

読者が好感を持つのは、彼らが求める情報を提供して、自社の商品を押し売りせず、取引しやすい業者です。

有望な顧客との間に信頼を育(はぐく)み、今またはいつか取引につながる関係を築くには、まずは連絡先を教えてもらうことです。

ランディング・ページの見出しは疑問文が効果的

ランディング・ページには、必ず「見出し」を入れてください。

問いかけは潜在的顧客や読者を引き付ける有力なツールです。

なぜなら、人間の脳は、問いかけられると答えようとするからです。

人間は、誰かが言った意見よりも、自分の頭で考えて思いついた意見の方を信じやすい傾向があります。

平叙文の方は意見の表明です。

それを信じる読者もいれば、信じない読者もいるでしょう。

その反対に疑問文の場合は、理想的なシナリオを紹介することで、読者の脳に、その結果を想像させ、未来像を描かせることが出来ます。

私は「仮に・・・」とか「もし・・・が起きたら」とか「思い起こしてみてください」といった表現を好んで用います。

こう問いかけると、読者は自分でその場面を思い浮かべるからです。

読者は心の中に描いた絵を、自分のイマジネーションで色付けします。

そして、その色彩は、世界中の芸術家たちが総出で描いた色彩よりも鮮明なのです。

人々がアナタの商品やサービスについてイメージすることは、しばしば現実を凌駕(りょうが)するのです。

専門用語は控えめにして分かりやすい文章で

出来るだけ会話らしい文章を書きましょう。

出来るだけフレンドリーで親しみやすい調子にすることです。

業界用語(専門用語)の使用も控えましょう。

業界以外の人にメッセージが伝わらないからです。

アナタの意図が分からないと、誰もアナタの商品を買おうとはしません。

証言広告の効果で他のコピーの信頼度もアップ

証言広告(テスティモニアル広告。商品使用経験者や専門家など第三者に、その商品の特性・便益などを説明させることにより信頼性の獲得を狙う広告表現)を効果的なところに置きましょう。

説得力のある証言広告は、サイトの早い段階から目に付きやすいところ、出来ればランディングページか、その次のページに置くといいでしょう。

そこに置けば、証言広告のおかげで他のコピーの信頼度も上がるでしょう。

また、コピーのあちこちに戦略的に証言広告を散りばめることも重要です。

特に、セールストークの説得力が増すところに置きましょう。

とりわけ注文画面の中で注文を勧める直前(注文ボタンをクリックしてくださいと呼びかける前)や、注文確認メール(買い物に説得力を持たせるため)の文中に置くと効果的です。


カテゴリー: コピーライティング パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。