China_Flag
中国の税関総署によると、2013年のモノの貿易総額(輸出入の合計額)が4兆1603億ドル(約430兆円)に達しました。

米国のモノの貿易総額hあ2013年11月までで約3.5兆ドル(約360兆円)なので、米国を抜いて世界最大の貿易国になるのはほぼ確実です。

日本が注目すべきところは貿易額で中国が世界一になることではなく、その中身です。

中国が東南アジア諸国や欧州、米国など主要相手国・地域との貿易額を増やす中で、日本との貿易額だけが前年の実績を割り込みました。

日本から中国への輸出が大きく落ち込んだのが響きました。

日中関係の悪化が長引いている時期だけに、貿易額の減少が中国国内の反日派を勢いづける要因になりかねません。

2012年に反日デモが広がった時、ある経済学者の「日本に『経済戦争』を仕掛けろ」という論文が中国の新聞に掲載されました。

日本にとって中国は最大の輸出先なのですが、中国にとって日本は最も重要な輸出先ではありません。

ゆえに、貿易を止めれば、より大きな損害を被るのは日本側だという趣旨でした。

言動に根拠がなく、現実味のない主張が中国の経済界で主流になっているわけではありません。

しかし、中国にも「朋友莫交財、交財断往来(カネの切れ目は縁の切れ目の意)」ということわざがあるだけに注意が必要です。

中国のモノの貿易総額と主要相手国・地域(2013年)

中国全体・・・4兆1603億ドル(前年比:7.6%)

1位 欧州連合・・・5591億ドル(2.1%)
うちドイツ・・・1616億ドル(0.3%)

2位 米国・・・5210億ドル(7.5%)

3位 東南アジア諸国連合(ASEAN)・・・4436億ドル(10.9%)
うちマレーシア・・・1061億ドル(11.9%)

4位 香港・・・4010億ドル(17.5%)

5位 日本・・・3126億ドル(ー5.1%

6位 韓国・・・2742億ドル(7.0%)

出所:中国税関総署