チリ産の鮭
日本の市場でサケは、最も多く購入されている魚種のひとつですが、当然国内産だけでは間に合わず、また国内産は放射性物質による汚染もあるため、ここ数年は輸入量がかなり増加しています。

その中でもチリ産は最も多く、輸入量全体の4割を占めています。

外食産業でも使われていますし、当然のごとくスーパーでも見かける身近な食材です。

国内産のサケはここ数年、漁獲高が減少し続けていましたが、東日本大震災以来、その数は激減していると言われています。

そんな事情もあって、チリ産のサケは益々出番が多くなっているわけですが、そのチリ産のサケがかなり危険な食材であることをご存じでしょうか?

現地での調査によりますと、エサの大量投入による残渣(ざんさ)やし尿などで海自体が汚染され、養殖のサケの皮や粘膜に吸血寄生する「海ジラミ」という虫が発生し、それを退治するための殺虫剤の使用が増加しているのです。

そのほかにも、様々なバクテリアやウイルスへの感染対策としての殺虫剤、抗生物質の投与などで安全性が脅かされているというのが現実なのです。

もともとチリ付近の海水温は高く、サケ・マスの生息には適していないので、その地域でサケを養殖するとなると、各種病原菌に侵されてしまうことが考えられます。

そのため、それを防ぐ手立てとして大量の抗生物質を最初からエサに混ぜて投与せざるを得ないのです。

「エマメクチン安息香酸塩(あんそくこうさんえん)」や「オキシテトラサイクリン」という抗生物質が使われるのですが、これらがチリ産のサケに、基準値を超えて残留しています。

また、ダイオキシンなどの有害物質も含んでいることが分かっており、幼児の脳の発達に影響があるのではないかと心配されているのです。

危険な要素はまだあります。

チリ産のサケは、鮮やかな紅色をしていますが、あれはエサに混ぜ込まれている人工合成色素「アスタキサンチン」の色なのです。

天然の紅鮭と同じと思ったら大きな間違いです。

天然のアスタキサンチンは、サケやイクラ、エビ、カニ、オキアミなど海洋性の食品に含まれる赤い色素で、カロテノイドの一種です。

ニンジンやカボチャなどに含まれる植物栄養素・ベータカロチンの仲間です。

強い抗酸化力があり、抗炎症作用、動脈硬化抑制作用、がん発症抑制作用、糖尿病抑制作用、ストレス抑制作用などが確認されているほか、目、脳、皮膚、肝臓、筋肉など体の各所の組織の機能を高めると言われています。

天然のアスタキサンチンに毒性はないのですが、人工のアスタキサンチンを大量に投与することの安全性は確認されていません。

チリ産のサケは、ファミレスや定食チェーン店、ホテルのバイキングなどでも頻繁に使われ、スーパーでもよく売られている食材です。

個人経営店でも、原価を考えれば安価なチリ産が選ばれているかもしれません。

ですが、あまり頻繁に、大量に食べることはやめたほうがいいですし、子供たちに食べさせるのは控えたほうがよさそうです。