米国経済」カテゴリーアーカイブ

紙幣増刷は短期的には経済に好影響をもたらすが・・・

紙幣増刷の短期的な刺激効果は多岐にわたります。 第1に、アメリカ政府をはじめとする債券の売り方は、FRBという買い方がいるおかげで、本来よりも低い金利で資金を調達することができます。

カテゴリー: 米国経済 | コメントする

量的緩和は短期的には薬となるが、長期的にはインフレという名の毒となる

現在のようにインフレ率が低ければ、私たちが保有するお金の価値は、とりあえず安泰ですが、問題は複合バブル経済が崩壊をしていることです。

カテゴリー: 米国経済 | コメントする

世界的な高齢化は米国のGDP成長率を阻害する可能性がある

米国勢調査局は最近、米国への純移民数の減少と予想を下回る出生率を要因として、米国の人口増加率予想を2008年の報告書の水準から大幅に引き下げました。

カテゴリー: 米国経済 | コメントする

米領プエルトリコの債務危機 ギリシャから得られる教訓

米領プエルトリコはギリシャ流の破綻の危機に見舞われています。 プエルトリコの債務残高は地域の国内総生産(GDP)の7割に相当する700億ドルに上り、全米50州のどの州よりも債務負担が重い(プエルトリコは厳密に言えば州では … 続きを読む

カテゴリー: 米国経済 | コメントする

米国の債務上限問題は1940年以降、90回以上も繰り返された

米議会は現在、下院を支配する共和党と上院の主導権を握る民主党がねじれ状態にあります。 債務上限の引き上げ議論が平行線をたどったのが原因で今月、米国債のデフォルト危機が起こりました。

カテゴリー: 米国経済 | コメントする