米国経済」カテゴリーアーカイブ

米国の株式市場はユーロ危機以降初めて調整に向かう可能性も

先週、新興国経済の混乱を受け世界の証券市場が動揺したことから、投資家はポートフォリオの見直しに乗り出していますが、現在のところ、株価の急落に対応して安全な投資先として米国株に逃避する動きはほとんどなく、世界の株式市場はさ … 続きを読む

カテゴリー: 米国経済 | コメントする

米国株式市場 ダウ工業株30種平均は約7カ月ぶりとなる下落率を記録

1月24日の米国株式市場は大幅に続落しました。 2日間にわたる新興市場国の株式と通貨の急落を受け、投資家はリスク資産からの資金引き揚げを加速。 ダウ工業株30種平均は約7カ月ぶりとなる下落率を記録しました。

カテゴリー: 米国経済 | コメントする

ルー米財務長官が2月下旬のデフォルトの可能性警告、債務上限引き上げ促す

ジェイコブ・ルー米財務長官は1月22日、議会が2月末までに債務上限の引き上げか凍結に動かなければ、その時点で政府の借り入れ能力は尽きるとの見通しを明らかにしました。

カテゴリー: 米国経済 | コメントする

全面実施期限が2015年7月21日の「ボルカールール」の最終案概要

「先細り」を意味する「テーパリング」は、金融業界では政府による量的緩和(QE)が徐々に終わりに向かうことを言います。 FRBは経済活性化のために市場にどんどんお金を流していますが、その蛇口の栓を次第に閉めていくことになる … 続きを読む

カテゴリー: 米国経済 | コメントする

アメリカが超大国になった経緯

19世紀では、世界の工場といわれたイギリスの「ポンド」が世界中に流通していました。 そのポンドの地位がドルに入れ替わったのは、第一次世界大戦(1914―1918年)のあとからです。

カテゴリー: 米国経済 | コメントする