ライフスタイルの記事一覧

「ハート、出ろ!」とトランプを引くと、ハートの出る確率はアップするそうです。しかし「スペード、出るな!」とやると、スペードの出る確率もアップするのだとか・・・。要は意識したものが実現するのです。心配事があると、そのことが起きないように心の中で何度も何度も反芻(はんすう)されます。しかし、そうすることで心配事が起きてしまう確率をアップしてしまっています。

「富士山以外を想像してみてください」と言うと、ほとんどの人が富士山を思い浮かべてしまいます。「〇〇が起きませんように」と考えるのではなく、「どういう状況になってほしいのか?」を先に考え、それを望むようにすると、この問題は解決できます。
「「どういう状況になってほしいのか?」を望めば心配事を解決できる」の続きを読む »

ライフスタイル

脳をフルで使うことはできません。活動は全体の3%とか5%と言われています。人間は大脳が異常発達しましたが、脳にエネルギーを送る消化器系は、何ら他の動物と変わりません。

どうも脳をフル使用すると即死すると言われているらしいです。では、普段、どうやって脳を使っているのでしょう?要は記憶に頼るカタチで脳を休ませているみたいなので、使われる3~5%は脳にとって重要度の高いものに使われます。
「「思い込み」の中から宝を見つける2つの方法とは?」の続きを読む »

ライフスタイル

物事を成し遂げる人たちは働き者です。「努力した人の全てが成功したわけではないが、成功者はみんな努力家だ」という言葉があります。一生懸命、働くことは自分への期待、自分へのマナーだと思います。

人生とは時間です。「何をすることで自分を楽しませることができるのか?」というのは、とても大切なテーマだと思います。あることに1万時間を投下すると、その道のプロフェッショナルになれるという「1万時間の法則」がありますが、あなたが既に1万時間を投下してきたものは何でしょうか?既にあなたは、その世界のプロフェッショナルになっているはずです。義務感で1万時間を投下することは至難の業(わざ)です。何よりも、それをやっているときが楽しくて、ついつい頑張ってしまうのがいいのではないでしょうか?
「最高のパフォーマンスを生み出すフロー体験の8つの構成要素」の続きを読む »

ライフスタイル

時間の制限、経費の制限、人材の制限、才能の制限、これらの制限は「創造」を生み出す母のようなものです。制限を考慮しながら、頭を使い、方法を模索します。サッカーでファンタスティックなパスを出す選手をファンタジスタと呼びますが、仕事においても、創作においてもファンタジスタは存在します。
「奇跡という宝物は制限の壁の向こう側にある」の続きを読む »

ライフスタイル

ある高僧の言葉に「問題があるときに方法があるのなら焦ることなかれ。それをやればいいのだから。問題があるときに方法がないのなら焦ることなかれ。何もやることはないのだから」というのがあります。

心の平穏な部分に常に触れ、平和な時間を生きましょう。物事を感じ取る部分が揺れてしまっては、静かなる現実も荒れたもののように捉えてしまうのではないでしょうか?
「「本当に間に合うのか?」と自問して行動すれば焦らないで済む」の続きを読む »

ライフスタイル