コピーライティング」カテゴリーアーカイブ

具体的な数値を見せて納得させるキャッチコピー

データはときに、言葉よりモノを言う たとえば企画をプレゼンするとき、漠然と「売上アップが見込めます」と言うより、「~すると顧客数が1日50人伸びることが予想されるので、15%の売上アップが見込めます」と言う方が、相手もイ … 続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする

ぶっちゃけるキャッチコピーで応援される

「ぶっちゃけ型」は、お店や商品のネガティブな情報を包み隠さずオープンにするキャッチコピーです。 内情を明かされると応援したくなります。 大変そうな人を見ると助けたくなる・・・そんな気持ちに近いかもしれません。 「正直型」 … 続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする

疑われる前に正直に話すキャッチコピー

隠さないから信用される たとえば商談で調子のいいことを言う営業の人に対して「数字を盛って言ってるんじゃないかなぁ」と思ったり、打ち合わせの相手に「この人、知らないのに『知ってる』って言ってる?」と感じたり、合コンで「『彼 … 続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする

褒めたり、応援したりするキャッチコピー

「肯定する・背中を押す型」は、商品・サービスを使う人の「味方」となって褒めたり、応援したりするキャッチコピーです。 読み手は気持ちよく納得できるので、商品やサービスへの印象も良くなります。 “いい男は、街では遊ばない。” … 続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする

老舗の信頼型キャッチコピー

継続は「信頼」なり 世の中には「いま話題のお店」と もてはやされ、長蛇の列をなす人気店があります。 「売り切れ続出のヒット商品」と呼ばれるものもあります。 しかし数年後、その数年後、そのお店がつぶれていたり、商品の生産が … 続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする