コピーライティング」カテゴリーアーカイブ

追伸コピーがないと斜め読みする人に「結局セールスか」と嫌悪感で逃げられる

追伸は、セールスレターならではの要素です。 そのため、上の3つ(キャッチコピー、ボディコピー、クロージングコピー)とは少し毛色が違います。 その役割とは、斜め読みをする人にも、要点を把握してもらうことにあります。

カテゴリー: コピーライティング | コメントする

魅力的なオファーを構成する4つの要素

お客様は、キャッチコピーを見てあなたの商品に興味を持ち、ボディコピーを読んで、「これこそが私の痛みや問題を解決する、心から待ち望んでいた解決策だ!」という状態になっています。

カテゴリー: コピーライティング | コメントする

決断を先延ばしにする相手には動機づけを与えて背中を押してあげよう!

クロージングコピーは、ボディコピーを読んで、商品を「欲しい」と思っている人に決断(お金を払って商品を買うこと)を促す役割があります。 このクロージングコピーがなければ、人はどれだけ強く「欲しい!」と思っていても、「もう少 … 続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする

ボディコピーで相手が抱える問題の解決策を示し、商品を「欲しい」と思ってもらう

お客様が商品の購入前に感じる疑問は4つだけです。 その4つの疑問に対して、4つの要素でセールストークを組み立てると、お客様は、その商品を「欲しい!」と思ってくれます。

カテゴリー: コピーライティング | コメントする

「欲求を刺激すること」が効くキャッチコピー作りの鉄則

どのような商品・サービスを扱っているとしても、どの媒体を使うとしても、セールスレターは、常に4つのパーツによって成り立っています。 その必要不可欠な4つのパーツとは、「キャッチコピー」「ボディコピー」「クロージングコピー … 続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする