コピーライティング」カテゴリーアーカイブ

老舗の信頼型キャッチコピー

継続は「信頼」なり 世の中には「いま話題のお店」と もてはやされ、長蛇の列をなす人気店があります。 「売り切れ続出のヒット商品」と呼ばれるものもあります。 しかし数年後、その数年後、そのお店がつぶれていたり、商品の生産が … 続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする

企業が描くビジョンや考えを伝えるキャッチコピー

組織の熱意を「手紙化」する 「企業の決意・信念型」は、企業・組織から読み手に届ける手紙のようなもの。 企業が描くビジョンや考えを、言葉に乗せて実直に伝えます。 読み手が企業の思いや本音に触れることは普段あまりないので、言 … 続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする

伝えたいことを「働く人」の言葉で表現したキャッチコピー

働く人の顔が見えてくる 例えば飲食店の場合、外から中が見えないお店は入りづらかったりします。 逆に店員さんが元気いっぱいで親しみやすい飲み屋は「1回くらい入ってみるか」と思えるもの。 広告でも、会社の雰囲気や思いを伝える … 続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする

一言で読み手に寄り添う友となるキャッチコピー

「悲しい気持ち型(本音)」は、お客様の切実な悩みや悲しい気持ちを表現したキャッチコピーのこと。 つらさ・悲しさを描くことで、その気持ちを分かち合い、一緒に問題解決に向き合える「企業・商品=最大の理解者」であることを伝える … 続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする

悲しい気持ち型キャッチコピー

「悲しい気持ち型」は、商品を買う前、使う前の悲しい気持ちなどをあえてユーモアを交えて表現するキャッチコピーです。 ネガティブをポジティブにとらえるのが「ポジティブ変換型」ですが、この「型」はネガティブを笑いに変える「ユー … 続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする