コピーライティングの記事一覧

言葉のジェットコースター

「真逆・落差型」は、反対の言葉や落差のある表現を使い、インパクトを強めるキャッチコピーです。

短い時間で感情を上下させ、その落差で強い印象を残します。

昼の大失敗は、夜の大笑い。

目覚めて、すぐに心臓が暴れ出した。
たしか今日は、得意先で重要な会議があった気がする。
それは、8時からであった気がする。
手帳を確かめる。
たしかに、8時からである。
現在は、7時半。
寝癖もそのままに家を飛び出し、タクシーを捕まえた。
飛ばしてください、というお決まりの台詞。
5分遅れで、得意先の会社に到着した。
ところが会議室の場所が分からない。
同僚に電話しようとしたところで、ふと気づく。
ケータイを、タクシーに忘れてきたことを。
そんな最悪な昼間のことを話すと、夜は酒を飲みながらがははと笑い、別の不幸自慢を始めた。
おいしい酒と肴があり、友がいる。
そんな夜に、昼間の失敗は、笑い話にちょうどいい。
うまく行き過ぎる人生は、お酒を飲んでもつまらない。
小さな不幸を、小さな幸福に変えながら、夜はあっというまにふけていく。

はっ、と目覚めると、すぐに心臓が暴れ出した。
たしか今日は…

今宵も、一杯。

(五明 店舗広告)

「反対の言葉や落差のある表現を使ったキャッチコピー」の続きを読む »

コピーライティング

わからないから、知りたくなる

「これ、なんだ?型」は、キャッチコピーだけでは話が完結せず、それが逆に興味を引く「型」です。「一見、常識と反対型」と同じく、思わず続きを読みたくなるようなつくりになっています。

うちの子も、私も、もしかしてYDK?(明光義塾の広告)

YDK(やればできる子)診断

  • 「まだ本気だしていないだけ」が口グセ。
  • テストの言い訳が「今回、全然勉強しなかったから」。
  • お母さんも「やればできる子」って、言われてた。
  • 復習の時、ノートが汚くて、何のことかサッパリ。
  • 「明日やろーっと」って、昨日も言ってた。
  • アイドルグループのメンバーなら全員覚えられる。

YDK(やればできる母さん)

  • 「一口だけ」が止まらない。
  • リバウンドの言い訳が「みんなが残すから」。
  • 自分も昔、「やればできる子」って、言われてた。
  • 昨日何を食べたのか、サッパリ思い出せない。
  • ホコリは見えてないことにする。
  • バーゲンの日ならいくらでも覚えられる。

いかがでしたか?TDK診断。
全部とはいかなくても思い当たるフシはきっとあるはず。
やればできるのに、やり方がわからなくて、できないYDK。
明光義塾の個別指導で、きちんと勉強の仕方を学んで、
やればできる子から、本気でできる子へ。
まずは、お近くの教室へ、お越しください。

「「なんだ?」と思わせて気を引くキャッチコピー」の続きを読む »

コピーライティング

「逆でしょ!」と思わせてからの・・・

常識と反対のことや、常識を否定することを表現したキャッチコピーが、「一見、常識と反対型」です。

この「型」のキャッチコピーを見ると、不思議に思うどころか、「逆でしょ!」と疑念を抱く人もいるかもしれません。

しかし、ボディコピーでしっかり説得できれば、疑いの気持ちがあった分、納得度は高くなります。

「知りません」と言える知識を持て。

自分のワインの知識が深いと、初めて聞くワインの
ことについて自信を持って知りませんと答えられる。
知識がないと、そのワインが本当に珍しいのか判断できず、
曖昧な答えになってしまう。
そんないい加減な人間にワインをつぐ資格はない。
ホテルオークラのソムリエとしての基本です。

[かたちにできないmade in Japanを]

こちらはホテルオークラ東京のポスターのコピーです。

確かに知識があやふやなときや、知っていないと恥ずかしいと思うときほど、「知りません」とは言いにくいものです。

このように「一見、常識と反対型」は、キャッチコピーが強烈な「フリ」になっている分、ボディコピーで読み手の共感しやすい「オチ」を盛り込むことが必要不可欠です。
「常識と反対のことや常識を否定することを表現したキャッチコピー」の続きを読む »

コピーライティング

知的&効果的な説得法

言葉に関する うんちくは読み手に「なるほど」「そうかも」と思わせる説得力があります。その字が成り立つまでの歴史や、人々の考え方が見えてくるからかもしれません。

そんな言葉や文字に注目して、読み手にとって新鮮な話を伝えるキャッチコピーが「言葉について語る型」です。

  • 日本では、「事故で亡くなる」。海外では、「kill」という。
  • 「女子」が細くなって、「好」き。
  • 「少し止まる」と書いて、「歩く」です。
  • 優しいって、ひらがなにすると、やさしくなる。
  • 1年が「あっ」という間なら、夏休みは「ぁ」という間。
  • 「土」へんに「花」と書いて、「ごみ」と読む。この日本の考え方が美しいと思う。
  • 齢は、歯にあらわれるから。
  • 頭で考えても身につかないから「手に職つける」って言うんだな。
  • マイルとスマイルが似ているのは、偶然でしょうか。
  • 「Fraiday」って書いてるアメリカ人がいたら馬鹿にするだろ?そういうことだよ。
  • 洋室なのに「6畳」だなんて、日本人は畳が好きだなぁ。
  • 女子力があるとかないとか言うけれど、女の子は力ですか。
  • きるは生きるの大部分。
  • きになる、はすぐにすきになる。
  • みちくさを『食う』。昔の人は、いいこと言うなぁ。
  • 蜚蠊、読めなくても、ヤな感じはよくでてる。
    この漢字、「ゴキブリ」と読みます。

「言葉や文字について うんちくや新たな視点を語るキャッチコピー」の続きを読む »

コピーライティング

「マジで!?」は人の目を奪う

「驚きの事実型」は「興味はあるけど知らなかったこと」「予想とは逆のこと」「予想以上のこと」など、人が驚くような事実を伝えるキャッチコピーです。

東京タワーは、米軍の戦車からつくられた。

こちらは東京都の「東京遺産」シリーズのポスターのキャッチコピーです。1958年に建てられた東京タワー。その建設には鉄が大量に必要でしたが、当時の日本は製鉄技術が発達していませんでした。そこで3000トン(約90台分)以上のアメリカ軍の戦車を溶かして、その鉄をタワーの一部に使ったそうです。ちなみに その戦車は、朝鮮戦争に使われたものだったとのこと。

他にもシリーズで、

丸の内中央口は、皇室専用でした。(東京駅バージョン)

交差点を見るために、日本にやってくる外国人がいる。(渋谷スクランブル交差点バージョン)

などもあります。誰もが知っている東京の、意外と知られていない事実がキャッチコピーになっているので、ついつい見てしまいますね。
「人が驚くような事実を伝えるキャッチコピー」の続きを読む »

コピーライティング