コピーライティング」カテゴリーアーカイブ

ダジャレやギャグに近い言葉を使ったキャッチコピー

和食は、和色で、できている。 (味の素 調味料 雑誌) 吸イーツ。 (グリコ乳業 ドロリッチ ポスター) オール・マイ・ティー (キリン 午後の紅茶 おいしい無糖 ポスター) 明日は休刊日。きょうは休肝日に。 (サントリ … 続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする

意外なメリット型キャッチコピー

「意外なメリット型」は、メインではないけれど、あると嬉しいメリットを表現したキャッチコピーです。 花に囲まれた家に、ドロボーは入りにくい。 これは、ガーデニング製品などを扱っている水生活製作所の雑誌広告コピーです。 女性 … 続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする

読み手にとってかなりお得な話をするキャッチコピー

2着目から半額のスーツ。 5本買うと1本もらえるジュース・・・ 街を歩いているといろんな売り言葉が目に飛び込んできます。 その中でも思い出すものを並べてみると、独特の言い回しやユニークな言葉を使った広告はもちろん、メリッ … 続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする

1位であることを主張するキャッチコピー

みんなの目を引く1等賞! 優勝、世界一、日本一、人気ナンバーワン・・・「1位」と言われるものに、人は目を引かれるもの。 たとえば本屋さんで、POPに「〇〇書店ランキング1位」などと書いてあると、つい手に取ってしまうことが … 続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする

具体的な数値を見せて納得させるキャッチコピー

データはときに、言葉よりモノを言う たとえば企画をプレゼンするとき、漠然と「売上アップが見込めます」と言うより、「~すると顧客数が1日50人伸びることが予想されるので、15%の売上アップが見込めます」と言う方が、相手もイ … 続きを読む

カテゴリー: コピーライティング | コメントする