中国経済」カテゴリーアーカイブ

不動産バブル崩壊から始まる中国の状況は、かなりリスクの高い状況になっている

中国は、共産党独裁支配資本主義という独特の政治・経済・社会構造を作り上げました。 この独特なシステムが問題のありかを分かりにくくし、これまで危機を脱してきたと言えます。

カテゴリー: 中国経済 | コメントする

「中国の不動産バブルは破裂し、GDPの伸びが6%を下回ることもあり得る」と野村証券が発表

野村証券は「住宅の供給過剰と不動産業者向け融資資金の不足が相まって、住宅市場の崩れを引き起こし、中国の国内総生産(GDP)の伸びが6%を下回ることもあり得る」と調査リポートを発表しました。

カテゴリー: 中国経済 | コメントする

中国金融システムの不備をうまく突いて資金調達に成功したアリババとテンセント

アメリカ連邦準備理事会(FRB)が昨年12月以降、「量的緩和(QE)」の解除を決めたのに伴い、 中国では経済がハードランディングする懸念が高まっています。

カテゴリー: 中国経済 | コメントする

超日太陽 中国の債券市場で初のデフォルト(債務不履行)

中国の太陽光関連メーカー、上海超日太陽能科技が3月7日に予定していた社債利払いが不履行となり、中国の債券市場で初のデフォルト(債務不履行)案件となりました。

カテゴリー: 中国経済 | コメントする

中国の新築マンションが値下げ。購入者の抗議多発は不動産バブル崩壊の前兆か?

中国の不動産バブル崩壊が現実のものとなり始めました。 一部銀行が不動産向け融資を停止したことで金詰まり不安が台頭、新築マンションは販売不振で値下げされ、購入した住民の抗議も多発しています。

カテゴリー: 中国経済 | コメントする