ありきたりな文章を名文に変える方法

「名言」が人の心をつかむのは、常識的なこと、当たり前のことを具体的な情景が浮かぶ言葉でストーリー仕立てに表現しているからです。

極端な言い方をすると、ありきたりで常識的な言い回しに、過剰で具体的な条件を表す言葉を組み込むと、その文章は名言に変わるのです。

たとえば、「成功者は夢をあきらめない」を「成功者は、飢え死にしそうなときでも夢をあきらめない」(オリソン・マーデン)と言い換えれば名言になります。

また、「成功のために努力を惜しむな」「失敗してもあきらめるな」というありきたりな内容でも「成功したいなら1日に18時間、ひとつのことに集中しろ」「失敗なんかしちゃいない。うまくいかない方法を700通り見つけただけだ」(トーマス・エジソンの言葉)という言い回しにすると印象がガラリと変わり、言葉の価値がグンと高まります。

こうした名言の構造を自分が書く文章に活かすために、さらに例文を紹介します。




「なぜか?という疑問を持つことが大切だ」という内容をアインシュタインは「なぜか?という問いは、その答えの100倍重要だ」と表現しています。

続いて、「アイデアを出すのに必要なのは忍耐力だ」というメッセージをアンドリュー・カーネギーは「アイデアとは ゆっくり育(はぐく)んでいくもので、1日では生まれない。本当に必要なのは発想力ではなく、忍耐力だ」と表現しました。

最後にもう1つ、「あきらめないことは大切だ」という言葉をバスケット漫画「スラムダンク」では「あきらめたら そこで試合終了ですよ・・・?」というセリフで表現しています。


カテゴリー: コピーライティング パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。