会話のデメリットを克服する文章の優位性について

会話の持つ力を遥かに超える力が文章にはあります。

文章は24時間休まずに、読んだ人の想像力を自動的に刺激してくれます。

会話ではそうはいかず、自分がその場所に足を運んでプレゼンしなければいけませんが、文章はメールでも手紙でもホームページでも相手に届けられます。

それも同じ内容を大量に送ることができるのです。

あなたの部下にとてもセールスのうまいトップセールスマンがいたとして、同じレベルのセールスマンを100人育てようとしても無理ですよね。

ところが、トップセールスマンが有効に活用している「セールスレター」のコツなら、すぐ全員で共有することができます。

すごい売上を上げているセールスレターや顧客の心を動かす挨拶状やお礼状があるなら、それを1000枚つくるのは簡単です。コピーするだけですから。

もちろん、そうやって獲得した契約は、凄腕のセールスマンが商談を重ねて取りまとめた契約とはイコールではありません。

それでも文章をうまく使いこなすことで、営業所全体の成績は確実に向上していきます。

文章は最強の営業部隊になる可能性もあるわけです。




また、文章と比較したとき、会話にはデメリットがあります。

会話では自分のビジュアル(視覚情報、つまり顔や身だしなみなど)、声のトーン、言葉の使い方など、すべて同時に気を配る必要があります。

その一方で、文章は(書き手による)イメージのコントロールが容易に出来ます。

文章であれば気を配るのは“文字”のみです。

文字以外の情報はカットされるので、イメージを操作しやすい。

つまり読み手側からすると、人間が最も利用している五感である「視覚」からの影響が少なく、書き手の意図通りに誘導されやすいのです。

会話はライブ(生)なので、やり直しも出来ませんし、自分の話したこと(メッセージ)を再確認することも出来ません。

文章なら、あとで確認と検証が出来ますから、会話のように「なんとなく上手く話せた」「何故か伝わらなかった」となりづらいのです。

表現、構成、長さ、説得力、こういったものを文章では見直すことが出来ますので、読んだ相手のリアクション(反応の具合)を見て、文面を改善することも可能です。

そして、過去の会話を再現することは出来ませんが、文章ならば何度も読ませることが出来ますよね。

このような、

・イメージの操作が容易なこと
・書き直せること
・結果を見直して、微調整できること(テストできる)

などから、文章の持つ優位性は説明できるでしょう。


カテゴリー: コピーライティング パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。