文章のたった1つの目的は「今すぐ人を行動させること」

文章によって読み手が想像力の翼を広げてくれると、あなたにとって、とても良いことが起こります。

一言で言うなら、「準備OK」。

想像してワクワクすることで、閉じていた相手の心の扉が開き、行動を起こす準備を整えた状態になるのです。

例えば、自動車のトップセールスマンはセールスレターでクルマの性能や品質を語る前に、必ず、お客様の想像力を刺激する言葉を挟んでいます。

「どこへ行きたいですか?」
「誰を乗せたいですか?」

といった言葉で、お客様に「自分がクルマに乗っている場面」を想像させるのです。




彼女とのデートかもしれません。

毎日のお子さんの送り迎えや週末のゴルフ、はたまた大声で歌いながらの真夜中のドライブかもしれません。

久しぶりに会った友人に、「いいクルマ買ったな!」と言われ、照れている自分をイメージするかもしれません。

最初はゼロだったかもしれない購買欲が、想像の後には少なくとも1%以上には増えているはずです。

そこで、「週末に試乗会があります」と続けると、何人かは「行ってみようかな」と行動を起こしてくれます。

トップセールスマンと呼ばれる人たちが、他のセールスマンと違うのは、お客様の心の準備のために工夫している点です。

彼らはゼロをイチにする効果の大きさを知っています。

クルマのことなど考えてもいなかった人に、「新車が出ました」「週末に試乗会がありますよ」という案内をしても、まず何も起こりません。

でも、「自分が乗るならこんな場面かな」と想像した人に、「週末に試乗会があります」と伝えれば、こちらが望む結果を出せる可能性がグンと高まります。

つまり、読む→言葉に反応する→想像する、には続きがあるわけです。

それは、読む→言葉に反応する→想像する→行動を起こす、です。


カテゴリー: コピーライティング パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。