年齢で悩みを見抜き、解決策を文章で示して誘導しよう

10代の「健康」の悩みは、ダイエット、身長、肌荒れなど主に外見にまつわるものが中心です。

これが20代になるとどうでしょう。

仕事などのストレスによる不調や肩こり、腰痛といったトラブルも増えていきます。

30代、女性ならば出産について真剣に考える年齢に差し掛かっていきます。

男性も、体力の衰えや薄毛、肥満などの問題を抱え、フィットネスや健康食品などへの関心が高まります。

これが40代になれば、内科系の病気への心配が増え、ガン保険などの商品にも目が行くようになっていきます。

そして、50代、60代は まさに健康の悩みが、抱えている悩みの中心になってくる世代。

若い頃と比べて、「(体の)どこどこが・・・」というのが雑談の枕詞になり、医師から食事について塩分や糖分の制限を課せられるようになる人も出てきます。

入院を経験する人も増え、体への関心は否応なく高まっていくでしょう。

70代、80代へと進むと、「終活」への関心度も上がり、死というものを間近に捉えるようになります。

つまり、同じ健康の話題をフックにする場合も、世代によって少しずつ言葉の使い方を変える必要があるということです。




たとえば、女性をデートに誘うとき「健康」を上手く活用するなら、こんな言い回しになるでしょう。

「すごく美味しいスイーツのお店を見つけたけど一緒に行かない?ローカロリーだけど自然な甘さで人気らしいよ」

こういった文章が響くのは、10代、20代、ぎりぎり30代までのダイエットを意識した女性だと思います。

あるいは「将来の夢」をフックに雑誌の特集をつくるなら、こんな使い方がイメージできます。

10代向けであれば、「受験だけが全てじゃない。そう思ったら夏の短期留学」、就職前の20代向けなら「内定者の83%が来場した適職フェア」、就職後の20代へは「キャリアアップのための転職プラン」、そろそろお金に関する悩みも増え始める30代には「同窓会、この中に2人は年収1000万円!?」、出世のイスが限られてくる40代には「部長になれる人の習慣」、50代は「これまでの頑張りに地位がついてきていない」という強い不満や諦めを感じている人も多くいます。それならいっそ、「毎年190万円の年金だけで生活できますか?」といった本業以外の投資などの提案もいいでしょう。

「人間関係」「お金」に関しても、書き方は同じです。

「結婚」というテーマをトリガーにしようと決めたら、読み手の世代に合わせ、どんな悩みを抱えているのか、想像しながら書き出します。

まだ結婚へのリアリティが乏しい10代には、悩みではなく、理想像をアピールしたほうが刺さるかもしれません。

婚活への焦りも出始める30代へのアピールポイントは年収よりも、趣味などの共通点の大切さではないでしょうか。

結婚したばかりの30代、40代には価値観の違いや新婚生活での驚き、「この人で本当に良かったのか?」といった要素が刺さる言葉になっていくかもしれません。

40代の結婚に関する悩みは、セックスレスや、「家庭に居場所がない」など結婚生活に対する不満へとシフトしていくのではないでしょうか。

これが「お金」というトリガーなら、また変わってきます。

20代、30代、40代、50代で何が変わるのでしょうか。

20代のお金の悩みは、ある意味、シンプルです。

自分のために使えるお金を増やしたい。

そのための方法は何があるだろうか。

使い道も余暇が中心になっています。

これが30代になると、キャリアアップへの自己投資など、もう少し仕事寄りになっていきます。

また、結婚資金や不動産の購入も重要な問題になってきます。

40代は住宅ローン、子供の教育資金など、より大きな額についての悩みが増え、50代になると老後の資金なども視野に入っていきます。

変化の流れとしては、年齢とともに自分に焦点が当たっていた「お金」が、配偶者やその家族、そして最後にまた自分へと戻ってくるというイメージです。

こうした変化について、仮説を立てつつ、検証し、実践していきます。

世代別の悩みに関しては、厚生労働省の国民生活基礎調査をはじめ、様々な統計データが存在します。

インターネットで検索すると、上手く活用していきましょう。


カテゴリー: コピーライティング パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。