「心を動かす文章」と「心を動かせない文章」は、何が違うの?

相手を誘導するには、相手の心に寄り添うことが最も大切なことです。

そのために欠かせないのが、相手の人となりや、興味や悩み、家族構成、仕事など、その人を形づくっているあらゆる要素について観察し、学んでいくことです。

これらを観察し、誠実に相手の心に寄り添い、欲求をつかみ、良い関係を築いていくための技術が、「行動や態度、言葉などから相手の心理を読み解き、思うままに誘導する技術」だと言っていいでしょう。

どんなキレイな文章でも、読み手の心を動かして行動へと導けなければ価値はありません。

では、「心を動かす文章」と「心を動かせない文章」は、何が違うのでしょうか。

その答えは、読み手の欲求に刺さるかどうかにあります。




人は「自分の欲求と関連したことが書いてある」と気づいたら、すぐに目の前の文章を読もうとし始めるのです。

たとえば、家電製品の取扱説明書。

大抵は、文章として素晴らしいものではないですよね。

それでも「買ったばかりのドラム式洗濯乾燥機を動かしたい」というハッキリした欲求があれば、人は必要なキーワードが書かれたページを探して読み進めていきます。

つまり、読まれる文章には、上手さや美しさではなく、「あなたの欲求を満たすものがココにありますよ!」という強い求心力が備わっているのです。

その求心力の源となっているのは、読み手の心の中に渦巻いている欲求です。

知りたい、学びたいという興味、悩みを解消したいという思い、損をしたくない、得をしたいという本音、誰かに認められたいという心。

こうした欲求は あなたの胸の内にもあるはずです。

そして、その欲求に関連した言葉を散りばめることで、あなたの書いた文章は読み手にとって読んでみたい文章に変わっていくのです。

心の動きを書き出すなら次のようになります。

魅力的なキーワードを散りばめる
     ↓
読み手がキーワードに気づく
     ↓
読もうと思う

つまり、読み手を観察し、その文章を「読みたい」と思う内容(=欲求に刺さる言葉)を、トリガー(引き金)として文中に埋め込む。

このトリガーを仕掛けることが、「人を操る文章術」の真骨頂です。


カテゴリー: コピーライティング パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。