母乳にオリゴ糖が含まれる理由とは?

ビフィズス菌
人間の母乳に含まれる栄養素は、母乳100g あたり タンパク質 1.1g、脂質 3.49g、糖質 6.87g です(出産後の時間経過によって成分比は変化しますが)。

糖質のうち、乳糖が6g と最も多く、95%を占め、それ以外は三糖以上のオリゴ糖であり、現在、約130種ものオリゴ糖が母乳中から見つかっています。




問題はこのオリゴ糖です。

なぜ問題かというと、これらのオリゴ糖を、人間は基本的に分解できないからです。

分解できないということは、消化も吸収も出来ず、栄養にもならないということを意味しています。

この「人間が消化できないオリゴ糖(正確にはヒトミルクオリゴ糖)」の役割が分かったのは比較的最近のことで、現在では、オリゴ糖は新生児の腸管にビフィズス菌が定着、増殖するのを助け、同時に有害細菌の定着を阻害する役割も持っていることが明らかにされています。

実際、新生児の腸管細菌叢(ちょうかんさいきんそう)を調べた研究によりますと、出生直後の細菌叢は、大腸菌などの好気性代謝も行なう細菌が主体ですが、母乳栄養児の場合には、1週間程度でビフィズス菌主体へと変化することが分かっています。

以前の人口栄養では、新生児腸管へのビフィズス菌の定着が見られず、母乳栄養児に比べて有意に感染症の発症率が高いことが問題でしたが、オリゴ糖とビフィズス菌の関係が解明され、人口乳にオリゴ糖が添加されるようになった結果、人口栄養でも正常な腸内常在菌叢が形成されるようになったそうです。

母乳中のオリゴ糖は、それほど重要な役割を担っていたのです。

さらに、新生児の大腸内に入ったオリゴ糖は、ビフィズス菌やその他の細菌の発酵作用により、有機酸(乳糖など)や短鎖脂肪酸(酢酸、酪酸、プロピオン酸など)に変化することが分かっています。

これらの有機酸や短鎖脂肪酸は、さらに別の腸管常在菌のエネルギー源として利用され、腸内常在菌のネットワークを強固なものとし、腸内環境の安定化に寄与しています。

また、酢酸や乳酸により腸管内のpHが低下して酸性環境となるため、病原菌(=中性~弱アルカリ性の環境を好むものが多い)の増殖を阻止しています。

さらに私個人としては、これらの短鎖脂肪酸を、新生児が腸から吸収している可能性を考えたいです。

これまで見てきた様々な動物の事例からすると、新生児が吸収して栄養としていると考えるほうがむしろ自然だからです。

おそらく新生児は、母乳に含まれる以上の栄養素を得ているはずです。

また、母乳にはブドウ糖もデンプンも含まれていないという事実も興味深いです。

新生児期は脳が最も発達する時期であり、脳のエネルギー源であるブドウ糖を大量に必要とするはずなのに、新生児の唯一の栄養源である母乳には、ブドウ糖もデンプンも含まれていないからです。

要するに、脳が必要とするブドウ糖は、経口摂取した糖質とは無関係であることがこれからも証明されます。


カテゴリー: 健康管理 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。