母乳とビフィズス菌との関係性について

ビフィズス菌
新生児の腸管に定着するビフィズス菌(乳酸菌の一種)は、いつ、どのようにして腸管に侵入・定着するのでしょうか。

子宮内の胎児の腸管が完全な無菌であることは昔から知られています。

しかし、出生後数時間で、腸管からは大腸菌などが検出され始め、これらが最初期の細菌叢(さいきんそう)を作ります。

これらの細菌は、出産時に産道や外陰部に付着していたものが新生児の口に入り、腸管に到達したと考えて間違いないでしょう。




その後、新生児の腸管からは、徐々にビフィズス菌が検出されるようになり、生後1週間前後でビフィズス菌が最も優勢な菌種となり、大腸菌などの初期の細菌は ほとんど検出されなくなります(細菌学的に言えば、好気性代謝をする細菌が腸管内の酸素を消費して無酸素状態にし、その結果、嫌気性菌のビフィズス菌が優勢菌となり、好気性菌は減少する、と説明されています)。

この間、新生児が口にするものと言えば母乳だけですから、母乳と一緒にビフィズス菌を飲み込んだと考えるのが自然です。

新生児の腸管に最も確実にビフィズス菌を届けるには、[母乳+ビフィズス菌]をワンパックで飲ませるのが最も確実かつ有効です。

人間の乳首の常在菌種に関するデータは残念ながら見つけられませんでしたが、ウシ乳首と物理的・化学的環境がほとんど同一と思われるヒトの乳首に、ビフィズス菌が常在していると考えるのは、あながち的外れではないでしょう。

乳頭(乳管)に常在するビフィズス菌の一部は、乳汁(にゅうじゅう)内のオリゴ糖を分解してエネルギー源とし、乳汁が供給される限り安定した生態系を作ります。

そして、出産後は乳汁とともに新生児に飲み込まれるわけです。

おそらくビフィズス菌にとっては、胃と小腸(胃液と胆汁が細菌の侵入を阻止しています)さえ潜(くぐ)り抜けられれば、大腸内も乳管内も生存環境としては大きな違いはありません。

新生児が母乳を飲んで、オリゴ糖を届けてくれればそれで十分です。

しかし、この[乳児 – 母乳 – オリゴ糖 – ビフィズス菌]という鉄壁の関係も永続しません。

離乳食が始まると、赤ん坊は母乳以外の食物を食べるようになり、それに呼応するかのように、分泌される母乳量が減ってくるからです。

その結果、今度は離乳食の内容に最も適応した細菌種を中心とした腸内常在菌叢が形成されることになり、赤ちゃんのウンチの臭いも変化していきます。


カテゴリー: 健康管理 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。